群馬県桐生市で創業65年 親切と真心の店。

【ROLEX】修理代を抑える3つのポイント

ロレックス デイトジャストの分解掃除と部品交換完了

ロレックスのオーバーホールと部品交換修理が完了。使ってて異常を感じたら、すぐに時計店へどうぞ。
ロレックスのオーバーホールと部品交換修理が完了。使ってて異常を感じたら、すぐに時計店へどうぞ。

群馬県桐生市で時計修理をやってます。(株)福田時計店です。

 

ROLEX(ロレックス)のオーバーホールと部品交換修理が完了しました。

「時刻合わせのときに変な感じがある」、ということでご来店。

分解掃除と部品交換が必要な状態でした。

ただ、交換する部品が1点だったことで修理代の跳ね上がりは防ぐことができました。

 

ちなみに、部品代は安い物でも1万円以上はします。(ゼンマイ交換除く)

もともと安い物ではありませんでしたが、値上げでさらに厳しくなってきました。

さすがロレックス……。

 

さて、修理代金が心配な方もご安心を。当店は修理無料見積もりやってます。

具体的な修理内容が分かってから、進めるか中止するか選ぶことができます。

 

詳しくは店頭まで修理品をお持ち込みくださいませ。

修理代を抑えるために気を付けたい3つのポイント

消耗品であるパッキンと故障していた「ツヅミ車」を交換
消耗品であるパッキンと故障していた「ツヅミ車」を交換

 ロレックスやオメガといった高級ブランド時計の修理代、気になりますよね。

修理金額を抑えるには、「部品交換」を無くすことが一番です。

例えばロレックスのオーバーホール基本料金は、当店の場合¥25,000(税別)です。

部品交換が必要な場合、これに追加料金が乗っかってきます。これが高い。

さらに最近は純正部品も手に入りにくい状況です。ますます高くなる可能性があります。

そこで、気を付けるべき3つのポイントが大事になってきます。

 1、定期的にメンテナンスに出す

3~4年間に1回はメンテナンスを
3~4年間に1回はメンテナンスを

腕時計を快適に使い続けるためには、メンテナンスが必要です。通常3~4年に1回。それが難しくても、せめて5~6年経ったらお願いします……。

特に、複雑な構造をしている機械式腕時計は注意が必要です。

汚れやサビを放置していて、気づいたら部品交換しないとダメなんてことも。

 

メンテナンス目的のオーバーホール、当店で承ります。

 

また、長い事メンテナンスしていない時計は油切れが心配。部品への負担が大きくなって時計に良くありません。最後にいつ修理したか、忘れずにチェックしましょう。

 2、あれ変だな、と思ったら。すぐに使用を止めて修理に出す

異常に気付いたら、すぐに修理を
異常に気付いたら、すぐに修理を

・ 時計から変な音がするようになったけど、動くから修理しくていい?

・ 前より時刻がズレるようになったけど、生活に支障はないから問題ない?

・ リューズを回して時刻合わせするとき、たまに空回りするけどまだ大丈夫?

 

以上のような変な症状、買った時と違う動きをする場合はすぐにプロの時計修理へお任せください。そのままにしていると症状が悪化。欠けた部品が他の部品を傷付けて故障が広がることがあります。

もちろん、止まってしまって動かない場合もお早めをオススメします。せっかくの時計、壊れたままでは損しちゃいますよ。

 3、愛情をもって大事に使う

次の世代へ残せる腕時計ってステキ
次の世代へ残せる腕時計ってステキ

時計に限らず、壊れるときは壊れます。ですが、多くの場合は何かしらの原因があるものです。 「何もしてないのに壊れた」ってたまに言われるけど、本当……?

 

・ぶつけたり落としたりしない。

・湿気っぽいところに放置しない

・水の中に入れない

・防水性を過信しない

 

他にもありますが、とにかく壊さないよう大事に使うことを心がけましょう。

目指せ、次の世代へ “喜んで” 受け継いでもらえる腕時計。

もっと時計修理例を見たい方はコチラへ
もっと時計修理例を見たい方はコチラへ