群馬県桐生市で創業65年 親切と真心の店。

ROLEX(ロレックス)腕時計オーバーホールの料金や修理内容などをご紹介

高級ブランド腕時計として有名なROLEX(ロレックス)の時計修理について
群馬県桐生市の(株)福田時計店は、ROLEX(ロレックス)の時計修理オーバーホールできます。

ロレックスが動かない、止まってしまったら修理が必要です

群馬県でロレックス修理をお探しの方へ

 

群馬県桐生市で時計修理を続けて60年以上。

(株)福田時計店では、ロレックスの分解掃除修理(オーバーホール)ができます。

 

ROLEX オーバーホール基本料金¥25,000 (税別)

 

動かなくなってしまった」「最近時計が止まりやすくなった。故障かな?

など、時計修理でお悩みの方は、ぜひ一度(株)福田時計店にご相談ください。

 

これまで当店では、

「デイトジャスト」

「サブマリーナ」

「デイデイト」

「エアキング」

「エクスプローラ」

「デイトナ」等々、

様々なロレックスを修理してまいりました。

 

また、高級ブランド腕時計の修理ということで、群馬県桐生市外からも多くのお客様がご来店されます。

店舗がある桐生市の方だけでなく、近隣地区からのお客様も増加中。

国道50号線でつながる、お隣の太田市前橋市、伊勢崎や高崎ほか、栃木県や埼玉県からも修理のお客様が当店にお越しいただいております。

ROLEXオーナーの関心の高さが分かります。

 

ロレックスの修理オーバーホール基本料金について

ロレックスのオーバーホール(分解掃除)基本料金 

 

  • 3針式(デイトジャスト、エアキング他)¥25,000~
  •  クロノグラフ式(デイトナ等)も修理承ります (4万円台~)

 

(金無垢タイプは要見積もり) 

 

お見積りに約10日前後、

お預かりから仕上がりまで合わせて通常3週間前後で修理完了いたします

(特殊な修理をのぞく)

  

※ K18金無垢や、時計の状態、機能の有無によって料金が変わることがあります。

※ 上記の金額は弊社にて修理するもので、メーカー正規修理料金ではありません。

※ 表示している金額は税別です。

いままで当店分解修理・オーバーホールなど、直してきたロレックス一例

ロレックスを快適に使い続けるための注意点

定期的なメンテナンスが必要です

機械式腕時計のロレックスの時計内部は、多くの部品によって構成されています。

長年、分解掃除(オーバーホール)をしていないと次第に調子が悪くなってきます。油切れや汚れがたまったり、パッキンの劣化があると湿気が入ってしまうかもしれません。

 

ロレックスは堅牢な作りになっており部品もしっかりしているので、多少調子が悪くなってきても動き続けてしまいます。

現に、買ってから10年間以上オーバーホールせずに使い続けた結果、時計が止まってしまい、当店に修理に持ち込まれた例もあります。

 

メンテナンスをしていない場合、湿気などによって機械が劣化することがあります。よって部品交換が必要になる可能性が高くなります。

それは修理代金も当然加算されてしまいます。

 

私どもでは時計が動いていても、4~5年に1回は定期メンテナンスとして分解掃除(オーバーホール)をオススメしております。

メンテナンスを怠ったために、高額な修理代が発生した例

可能な限り当店で修理しますが、メーカーでないと部品交換できない物もあります。
可能な限り当店で修理しますが、メーカーでないと部品交換できない物もあります。

ロレックス故障原因でよくある「ゼンマイ交換修理」。

こういったものであれば、当店で修理可能です。

 

しかし、時計が止まったまま長年放置してしまった場合や、

調子が悪いのに使い続けてしまうと多くの部品がダメになってしまうことがあります。

 

部品の供給状況も変わってきています。特にブランド腕時計の部品は高額です。

入手も年々難しくなっているのが現実です。

数年前なら手に入った部品が今だと手に入らなかったり、入手できても以前の倍以上の値段になってしまったり……。

 

故障箇所が増えると修理にかかる金額や納期も変わってしまいます。

調子が悪いと感じたらすぐに修理をご依頼されたほうが良いですね。

 

メーカー修理と当店の修理との違いについて

腕時計を直して良い状態にする、故障箇所を修理して使えるようにする。

これは当店の修理でもメーカー修理でも同じです。

では、当店の修理とメーカー修理との違いについてご説明いたします。

 

大きく違う点は部品交換の際に違いがでてきます。

例えば、ブレスレット(ベルト)と時計をつなぐ部品を交換するかどうかという判断のお話です 。

専門的な部品名でバネ棒やフラッシュフィットなどですね。

 

当店では機能面で問題なければ通常は交換しません。もちろん、お客様がご希望された場合や腕時計として使うのに支障が出るようであれば修理を勧めることはあります。

基本的に、お客様に納得していただける修理内容を目指しております。

 

一方、メーカー修理の場合はまだ使えるように見えても部品交換を勧められることが多々あります。さらに「交換が必須」で交換しなくてよいと伝えても、省くことができないこともあると言われています。

もちろん、料金にも加算されます。

ブレスレット(ベルト)だけでなく時計本体の修理でも似たようなことがあります。

腕時計のあらゆる箇所を、できるだけ完全な状態に直す傾向にあるのがメーカー修理だと言えるでしょう。

 

どちらも、メリット・デメリット、一長一短で好みもあるかと思います。

ご希望される修理内容やご予算など、お客様のご都合によって決めていただければ良いかと思います。

※ メーカー正規修理への取り次ぎも可能です

 

(株)福田時計店では腕時計修理のお見積り無料でございます。

ご相談お待ちしております。

ロレックス修理例ご紹介 分解掃除オーバーホールについての最新記事

2021年

2月

05日

【ROLEX修理例】故障の連鎖を断ち切るオーバーホール修理、止まりやすいのが気になったら無理して使わず修理のご検討をするべきです

ロレックス腕時計修理例ご紹介。止まりやすい、振ると変な音がするといった不具合に気づいたらオーバーホール修理が正解です

腕に着けたまま生活していれば自動でゼンマイを巻き上げてくれる「自動巻き腕時計」。

もしも腕に着けていても調子が悪くて止まりやすいことに気づいたらどうするべきでしょうか。

答えは、早めにオーバーホール修理に出すことです。無理やり動かし続けると故障がひどくなってくることがあるためです。

「リューズを回して手巻きすればまだまだ動くじゃん」というわけにはいきません。

その理由について、修理例を挙げながらご紹介してまいります。

 

 

長く快適に腕時計を使っていくためにも、定期的なメンテナンス修理をお考えいただけると幸いでございます。

 

今回はロレックス腕時計のオーバーホール修理例をご紹介してまいります。

まずは群馬県桐生市の方から持ち込まれたROLEXロレックスデイトジャスト腕時計の修理例をご案内いたします。

 

続きを読む

2021年

1月

19日

ロレックスのオーバーホール修理例ご紹介、相応の費用はかかりますが部品交換もできます【ROLEX腕時計修理例】

ロレックス腕時計のガラスが割れた、リューズが壊れた等をオーバーホール修理と部品交換にて直せました

修理前の写真。

ガラス割れて停止したロレックス。

修理後の写真。

オーバーホール(分解修理)とガラス交換で直ったロレックス。


続きを読む

2021年

1月

11日

メタルブレス部分の「王冠」が脱落。ロレックス腕時計クラウンクラスプ修理例ほかベルト修理例ご紹介

飾りではなく機能面でも欠かせない「王冠」が外れ落ちて故障したロレックス金属ベルト修理などご紹介

群馬県桐生市の(株)福田時計店ではROLEXロレックス腕時計のベルト修理を承っております。

まずはメタルブレスの「王冠」が外れてしまった不具合の修理例についてご紹介いたします。

 

ロレックス腕時計にはいくつかのベルトが存在します。

その中でも留め金が目立たず一体感あるベルトが「コンシールドタイプ」と呼ばれるものです。

腕から外す時はクラウンクラスプという王冠マークの部分を指にひっかけるタイプです。

ところが今回はその「王冠」が外れ落ちたロレックス腕時計が持ち込まれました。

このままではベルトを正常に使えませんし、王冠がなくポッカリと穴が空いた姿はあまりに痛々しい姿でいけません。

元の美しい姿に戻せるように修理させていただきました。

 

その他、ベルトコマが破損したロレックスベルト修理例についてもご紹介いたします。

 

修理受付は店頭か郵送・宅配便でも受付できます。

修理をご希望の方は店頭まで腕時計をお持ちいただくか、あるいは「お問い合わせ」くださいませ。

 

続きを読む

2020年

12月

29日

2020年最後はロレックス修理例をご紹介、語り継いでいける「家宝」に昇華できる腕時計になるよう、修理メンテナンスでお手伝いできます

ROLEX(ロレックス)腕時計の修理例を3点ご紹介、オーバーホールや部品交換して直った例をご紹介

(株)福田時計店は群馬県桐生市でROLEXロレックス腕時計の修理をやっております。

2020年最後の腕時計修理例はロレックスをご紹介いたします。

 

桐生市の方から持ち込まれたのは、ずしっと重いK18ロレックスデイトジャスト。前から当店でオーバーホール修理をご依頼いただいている方から承りました。

オーバーホールに加えて、腕にピッタリ合わせるためのサイズ直しと本体やベルトを磨くポリッシュ加工のご希望です。

腕に合わせるためにベルトコマを取るのですが、本来取れないコマを取り外す「限界を超えたベルト調整」にて対応させていただきました。

 

手塩にかけて大事にメンテナンスされた腕時計は長持ちします。次の世代へ受け継いでいけるアイテムとしても適しています。

当店でオーバーホール修理やメンテナンスをすることで、よりもらって喜んでもらえる腕時計になるようお手伝いできます。

 

他にもサブマリーナやデイトジャストのオーバーホールや部品交換修理例をご紹介してまいります。

 

続きを読む

2020年

11月

17日

「ロレックスマラソン」のゴールにはなれないけれど、オーバーホール修理であればお力になれます【ROLEX腕時計修理例】

千葉県の方からロレックスDATE修理依頼ほか、エクスプローラー2などのオーバーホール例をご紹介

群馬県桐生市の(株)福田時計店ではROLEX(ロレックス)腕時計修理をやっております。

最近ちょっと困ったお問い合わせが増えてきました。「ロレックス販売されてますか」、「ホームページに載っている腕時計はまだありますか?買いたいのですが」といった内容で電話がかかってくることが多くなってきました。

 

(株)福田時計店ではロレックス腕時計修理を承っております。しかし、販売は一切やっておりません。

ホームページに載っている腕時計はお客様から修理のご依頼でお預かりした腕時計です。当然、お売りするわけにはいきません。

 

こうしたお問い合わせが増えた理由は何でしょうか。

もしかしたら新型ウイルスの影響でロレックス販売店が多い東京へ行きにくいからなのかもしれません。

ロレックス自体も物が売ってなくてなかなかお目当ての時計が見つからない。そこであらゆるお店に在庫があるかどうか聞き回る “ロレックス マラソン” が地方で行われてる?、などと勝手に予想してみました。

 

一方で、お手持ちの腕時計のオーバーホール修理などのお直しについてはお力になれるかもしれません。

ロレックス腕時計修理例を載せていきます。デイト、エクスプローラー2、デイデイトなどについてご紹介していきます。

 

続きを読む

修理実績をぜひご覧ください もっとロレックス修理例を見たい方はこちら

時計・メガネ・宝石 (株)福田時計店

群馬県で創業60年以上。ロレックス、オメガほか、国産・海外ブランド腕時計の修理ができます。

 

営業時間 9:40 ~ 18:40

定休日 【水曜・日曜】

TEL 0277-45-2383

 

住所 〒376-0032

群馬県桐生市東町808

JR桐生駅より徒歩約15分 西桐生駅より徒歩約10分

お見積り無料です。まずはお気軽に店頭までどうぞ。