群馬県桐生市で創業65年 親切と真心の店。

ROLEX(ロレックス)腕時計オーバーホールの料金や修理内容などをご紹介

高級ブランド腕時計として有名なROLEX(ロレックス)の時計修理について
群馬県桐生市の(株)福田時計店は、ROLEX(ロレックス)の時計修理オーバーホールできます。

ロレックスが動かない、止まってしまったら修理が必要です

群馬県でロレックス修理をお探しの方へ

 

群馬県桐生市で時計修理を続けて60年以上。

(株)福田時計店では、ロレックスの分解掃除修理(オーバーホール)ができます。

 

ROLEX オーバーホール基本料金¥25,000 (税別)

 

動かなくなってしまった」「最近時計が止まりやすくなった。故障かな?

など、時計修理でお悩みの方は、ぜひ一度(株)福田時計店にご相談ください。

 

これまで当店では、

「デイトジャスト」

「サブマリーナ」

「デイデイト」

「エアキング」

「エクスプローラ」

「デイトナ」等々、

様々なロレックスを修理してまいりました。

 

また、高級ブランド腕時計の修理ということで、群馬県桐生市外からも多くのお客様がご来店されます。

店舗がある桐生市の方だけでなく、近隣地区からのお客様も増加中。

国道50号線でつながる、お隣の太田市前橋市、伊勢崎や高崎ほか、栃木県や埼玉県からも修理のお客様が当店にお越しいただいております。

ROLEXオーナーの関心の高さが分かります。

 

ロレックスの修理オーバーホール基本料金について

ロレックスのオーバーホール(分解掃除)基本料金 

 

  • 3針式(デイトジャスト、エアキング他)¥25,000~
  •  クロノグラフ式(デイトナ等)も修理承ります (4万円台~)

 

(金無垢タイプは要見積もり) 

 

お見積りに約7~10日前後、修理期間は約14日前後ほどです。

お預かりから仕上がりまで合わせて通常、3週間前後で修理完了いたします

(特殊な修理をのぞく)

  

※ K18金無垢や、時計の状態、機能の有無によって料金が変わることがあります。

※ 上記の金額は弊社にて修理するもので、メーカー正規修理料金ではありません。

※ 表示している金額は税別です。

いままで当店分解修理・オーバーホールなど、直してきたロレックス一例

ロレックスを快適に使い続けるための注意点

定期的なメンテナンスが必要です

機械式腕時計のロレックスの時計内部は、多くの部品によって構成されています。

長年、分解掃除(オーバーホール)をしていないと次第に調子が悪くなってきます。油切れや汚れがたまったり、パッキンの劣化があると湿気が入ってしまうかもしれません。

 

ロレックスは堅牢な作りになっており部品もしっかりしているので、多少調子が悪くなってきても動き続けてしまいます。

現に、買ってから10年間以上オーバーホールせずに使い続けた結果、時計が止まってしまい、当店に修理に持ち込まれた例もあります。

 

メンテナンスをしていない場合、湿気などによって機械が劣化することがあります。よって部品交換が必要になる可能性が高くなります。

それは修理代金も当然加算されてしまいます。

 

私どもでは時計が動いていても、4~5年に1回は定期メンテナンスとして分解掃除(オーバーホール)をオススメしております。

メンテナンスを怠ったために、高額な修理代が発生した例

可能な限り当店で修理しますが、メーカーでないと部品交換できない物もあります。
可能な限り当店で修理しますが、メーカーでないと部品交換できない物もあります。

ロレックス故障原因でよくある「ゼンマイ交換修理」。

こういったものであれば、当店で修理可能です。

 

しかし、時計が止まったまま長年放置してしまった場合や、

調子が悪いのに使い続けてしまうと多くの部品がダメになってしまうことがあります。

 

部品の供給状況も変わってきています。特にブランド腕時計の部品は高額です。

入手も年々難しくなっているのが現実です。

数年前なら手に入った部品が今だと手に入らなかったり、入手できても以前の倍以上の値段になってしまったり……。

 

故障箇所が増えると修理にかかる金額や納期も変わってしまいます。

調子が悪いと感じたらすぐに修理をご依頼されたほうが良いですね。

 

メーカー修理と当店の修理との違いについて

腕時計を直して良い状態にする、故障箇所を修理して使えるようにする。

これは当店の修理でもメーカー修理でも同じです。

では、当店の修理とメーカー修理との違いについてご説明いたします。

 

大きく違う点は部品交換の際に違いがでてきます。

例えば、ブレスレット(ベルト)と時計をつなぐ部品を交換するかどうかという判断のお話です 。

専門的な部品名でバネ棒やフラッシュフィットなどですね。

 

当店では機能面で問題なければ通常は交換しません。もちろん、お客様がご希望された場合や腕時計として使うのに支障が出るようであれば修理を勧めることはあります。

基本的に、お客様に納得していただける修理内容を目指しております。

 

一方、メーカー修理の場合はまだ使えるように見えても部品交換を勧められることが多々あります。さらに「交換が必須」で交換しなくてよいと伝えても、省くことができないこともあると言われています。

もちろん、料金にも加算されます。

ブレスレット(ベルト)だけでなく時計本体の修理でも似たようなことがあります。

腕時計のあらゆる箇所を、できるだけ完全な状態に直す傾向にあるのがメーカー修理だと言えるでしょう。

 

どちらも、メリット・デメリット、一長一短で好みもあるかと思います。

ご希望される修理内容やご予算など、お客様のご都合によって決めていただければ良いかと思います。

※ メーカー正規修理への取り次ぎも可能です

 

(株)福田時計店では腕時計修理のお見積り無料でございます。

ご相談お待ちしております。

ロレックス修理例ご紹介 分解掃除オーバーホールについての最新記事

2020年

3月

30日

【ロレックス修理例】色もサイズも故障内容も違うロレックス腕時計たちが大集合 すべて直せました

止まりやすい、動かないロレックス腕時計の修理やってます。エクスプローラー2、シードゥエラー、デイトジャスト修理例ご案内

群馬県桐生市でロレックス腕時計の修理やってます。創業60年以上の(株)福田時計店です。

今回は4本のロレックス腕時計を直すことができました。修理例をご案内してまいります。

 

ひとくちにロレックスといえど、種類は様々。

今回修理した時計たちの文字盤の色も黒・白・青があります。

腕時計のサイズもそれぞれ違います。ガッチリ大型のものから小ぶりなタイプまでとラインナップの豊富さが垣間見えます。

 

たくさんのお客様が(株)福田時計店にロレックス修理依頼をしていただくおかげで、バラエティに富んだロレックス達を見ることができます。

さっそく修理例をご案内してまいります。

 

続きを読む

2020年

3月

21日

【ROLEXメタルブレス調整例】目指せジャストフィット。他のお店で断られたロレックスのベルトサイズ調整やってます

限界突破のサイズ調整!? ロレックスデイトジャストのメタルブレス調整例ほかご案内

腕時計のベルトがゆるい。腕でグルグル回って困る。

そんなときはベルトサイズ調整で解決できます。群馬県桐生市の(株)福田時計店では他店で購入された腕時計でもサイズ調整を承ります。その場でサイズ合わせいたします。

 

 

さて、実はベルトサイズ調整にも限界があります。

簡単にいうと、サイズ調整できる範囲を超えてしまう状態です。サイズを大きくしたい場合は追加のベルト駒があれば大丈夫ですが、サイズを小さくしたいときが厄介です。

 

ロレックスデイトジャストのメタルブレス(金属ベルト)のサイズ調整例をご案内いたします。

まだ腕に着けるのには緩いのに「これ以上はサイズ小さくできません」と言われて困っているというお客様から修理依頼が入りました。当店の過去の修理例を見たのがキッカケです。

 

参考記事 ベルトをもっと短くしたい、他で無理と言われたロレックスのサイズ調整できます

 

他にもロレックスの金属ベルトのサイズ調整例を載せていきます。

 

 

後半は、新型ウイルス騒ぎのお話です。

幸運なことに当店に悪影響はございません。むしろ、宅配便の修理受付やベルトサイズ依頼が増えていると感じます。

実際に都内で腕時計を買うのを避けてネット通販を使い、当店でサイズ調整といったパターンを何件も見てきております。買い物も修理も、遠出せずに済む方法が注目されてきているかもしれませんね。

詳しくは後ほど。

 

続きを読む

2020年

2月

29日

ロレックス腕時計のリューズ修理例ご紹介 本日は4年に1度のうるう日。日付や時刻合わせに必要なリューズ機能について語ります

時刻合わせや日付合わせに使うリューズの交換修理例をご紹介【ROLEX修理例】

ロレックス腕時計の部品の一つ「竜頭(リューズ)」交換修理例をご案内いたします。

本日は4年に1度の「うるう日」。2月が29日まである日です。店内に置いてある電波時計もきちんと「29日」を表示しております。

いつもと違う2月といえど、来月3月になったら日付の調整が必要ですよ。

なお、電波時計やパーペチュアルカレンダー機能を持つ時計は自動でやるので不要です。便利ですが、ちょっぴり寂しい気もします。

 

さて、群馬県桐生市の(株)福田時計店ではROLEX(ロレックス)腕時計の修理をやっております。

分解修理(オーバーホール)や部品交換修理ができます。

今回はロレックスのリューズ交換が必要な修理例を3つご案内いたします。

リューズが故障していると時刻合わせや日付合わせができなくなってしまいます。

 

特にロレックスのような機械式腕時計はゼンマイを巻き上げないと通常は数日で止まってしまいます。動いている間は時間があっていても1度止まると狂って合わせられない。まさに腕時計として致命的な故障といえます。

 

 

さっそく修理例をご紹介してまいります。

 

続きを読む

2020年

2月

04日

【ロレックス修理例】止まって動かない、止まりやすい症状を解決する修理事例をご紹介

オーバーホールと部品交換で解決 ROLEX(ロレックス)腕時計修理例ご案内

止まって動かないROLEX(ロレックス)腕時計のオーバーホール修理やっております。群馬県桐生市で創業60年以上の(株)福田時計店です。修理事例をご紹介いたします。

 

群馬県太田市からお越しのお客様からロレックスサブマリーナ腕時計の修理依頼が入りました。

今まで普通に動いていたロレックスが突然止まってしまったらショックです。

でも慌てなくて大丈夫。オーバーホール修理や部品交換で直すことができます。

 

今回は止まって動かないロレックスや動くけれど止まりやすくなってしまったロレックスの修理例をご案内いたします。

止まってしまって動かなくなったら修理のタイミングですが、止まりやすいなど不調のときも修理のタイミング時期といえます。

 

ロレックスは代々受け継いでいける名品です。早めに直すことで長く快適に使っていくことができます。修理についてお悩みがあれば、(株)福田時計店にご相談くださいませ。

 

ROLEX(ロレックス)オーバーホール基本料金は¥25,000+税でございます。

(ストップウォッチ機能付きのデイトナや金無垢モデルなど、一部モデルは別料金となります)

 

続きを読む

2020年

1月

21日

いつまでも大事にしたいドレスウォッチの代表格「ロレックスデイトジャスト」の修理メンテナンスできます【ROLEX時計修理例】

ドレスウォッチの定番「ロレックスデイトジャスト」オーバーホール修理やってます

いつまでも大切に使っていきたいドレスウォッチの代表格「ロレックス デイトジャスト」。

ロレックスの顔といえるほど有名な定番モデルです。

群馬県桐生市の(株)福田時計店でもオーバーホール修理などをよく承るモデルです。

フォーマルな場所にもよく合うドレスウォッチの定番としてメンズ・レディースモデルともに根強い人気があります。

 

さて、今回はロレックスデイトジャストの修理例をご案内してまいります。

いかに美しくて実用的なロレックスでも、壊れたままでは魅力を発揮できません。

故障があれば修理は必要です。

特に変な音がしているのに放置してはいけません。変な音がするには理由があります。そして、そのまま無理させると被害が拡大してしまうこともあって危険です。

 

また、快適に使い続けるためには不調がなくても定期的なメンテナンスは必要となります。

 

群馬県桐生市の(株)福田時計店でロレックス腕時計の修理やメンテナンスやっております。

詳しくは腕時計を持ってご来店されるか、あるいはお問い合わせくださいませ。

 

続きを読む

修理実績をぜひご覧ください もっとロレックス修理例を見たい方はこちら

時計・メガネ・宝石 (株)福田時計店

群馬県で創業60年以上。ロレックス、オメガほか、国産・海外ブランド腕時計の修理ができます。

 

営業時間 9:40 ~ 18:40

定休日 【水曜・日曜】

TEL 0277-45-2383

 

住所 〒376-0032

群馬県桐生市東町808

JR桐生駅より徒歩約15分 西桐生駅より徒歩約10分

お見積り無料です。まずはお気軽に店頭までどうぞ。