群馬県桐生市で創業65年 親切と真心の店。

群馬県で時計修理できます 【ROLEX・OMEGA・SEIKO他】


【ブランド別】 これまで修理してきた時計の一部をご紹介中

安心して時計修理を任せられる理由

■創業60年以上の実績と信頼

群馬県桐生市で創業60年を過ぎた今でも(株)福田時計店では、親切と真心を大切に、時計の修理を承っております。

桐生市のお客様をはじめ、群馬県太田市、伊勢崎市、前橋市、みどり市、栃木県足利市などから、電池交換や時計修理のご依頼がある時計屋です。

引き続き、信頼できるお店を目指して地道に営業しております。

また、近所に頼れる時計店が無いという方のために「宅配便による修理対応」を始めました。

「宅配による修理受付」遠方でご来店が難しい方にご好評 詳しくはこちら

■ベテラン技術者が修理を担当

当店は時計修理に精通したベテラン技術者が対応いたしますので安心です。

■最小限の部品交換と修理

当店の特長は「お客様のご希望を第一に考えた修理内容をご提案できる」ことです。

必要な修理をしっかり見極めて、ご希望に沿える修理内容をお伝えいたします。

その結果、希望されない部品交換などを無くすことができます。

 

また、メーカーで「ベルト一式交換」と言われたものを部分修理で対応することもできます。

ご相談くださいませ。

■基本料金+部品代 分かりやすい修理代金

分かりやすい修理料金を目指しております。

【電池交換】

  • 国産時計の電池交換¥1,000
  • 海外ブランド時計の電池交換¥1,500
  • OMEGAオメガ電池交換¥2,000

 ※ ソーラー腕時計に使用する二次電池の交換はやっておりません。

 

【ベルト調整・交換】

  • ベルトのサイズ調整¥1,000
  • 革バンド交換¥2,500~ (素材や柄によって異なります)

 ※ 伸び縮みするベルトのサイズ調整はお断りしております。

 例:「Sバンド」、「エバーブレス」等

 

【オーバーホール・分解修理】

  • OMEGA(オメガ)クォーツ(電池) オーバーホール基本料金¥16,800
  • ROLEX(ロレックス)オーバーホール基本料金¥25,000

 ※上記価格は税別料金です

より詳しくは「時計修理の料金表」をご覧ください。

修理代金お見積り無料

お支払い方法

現金、PayPay、LINEpay(2019年10月以降対応予定)でのお支払いをお願いしております。

「キャッシュレス消費者還元事業」5%還元 参加店 PayPayおよびLINEpayで対応

■アフターサービスが万全

6か月保証等などをご用意させていただいております。

■実店舗なので安心

ホームセンター等に入ってるテナントや無店舗営業とは違い、長く地域と関わってきた店舗です。店舗へのアクセスはこちら

大切な時計をお任せいただける窓口対応を行っています。

※バンド・ベルトなどの外装部品の修理・調整なども受付しております。

時計修理・電池交換・ベルト調整・オーバーホールについて、もっと詳しく

修理見積もり無料

お見積り無料です。修理金額がきちんと分かってから修理を進めることができます。

即日可能な修理について

・電池交換

・バンド交換およびコマ詰めなどのバンド長さ調整

・バネ棒などの消耗品交換

 

以上の修理内容であれば、即日で修理可能です。

※時計の形状・状態・ブランド品によってはお預かりとなる事もございます。

 

群馬県桐生市で創業60年以上、地道に時計修理を続けてきました

 電池で動くクォーツ腕時計、自動巻き腕時計、手巻き腕時計など、

時計に関する修理やオーバーホールができる時計屋です。

 

修理見積りは無料です。お気軽にご相談ください。

 

腕時計電池交換¥1,000(税別)、ベルトサイズ調整(コマ詰め)¥1,000(税別)。

 

他所の購入品でも承ります。

オーバーホール(分解掃除)も承ります。

各種料金に関して詳しくは修理料金をご覧ください。

 

【ご注意】

※ブランドのコピー、偽物等の修理はお断りしております。ご了承ください。

※当店で修理受付できない時計もございます。

 

【修理対応が難しい例】

1、潜水スキューバ・水中ダイビングなどに耐えられる、非常に高い防水性の保証

2、雲上ブランド腕時計の修理 パテックフィリップ、オーデマピゲ等(部品供給の問題)

3、非常に古い、かなりの年数が経過した腕時計 (部品交換が困難なため)

詳しくは店頭にてご説明いたします。

 

メーカーへの取次修理も承ります。ご相談ください。

(海外ブランドメーカー送りの場合、配送料や手数料をいただくことがあります。)

 

今までこんな修理してきました。時計修理例を多数掲載中

【時計修理例 最新記事】 続きを読む場合は「記事のタイトル名」をクリック

2019年

12月

31日

あきらめずに修理することで交換より7割以上安くなったと喜ばれたオメガベルト修理【OMEGAベルト中留バックル修理編】

「一式交換じゃないとダメ」と言われがちな中留バックル部分の故障、交換せずに費用を抑えて直せます

群馬県桐生市の(株)福田時計店では腕時計のブレス(ベルト)修理やってます。2019年もたくさんのOMEGA(オメガ)腕時計のベルトを直すことができました。

 

今回は、腕に着けるときに使う中留バックルの修理例をご案内。パチンと留めて固定する部分が壊れて固定できない、すぐに外れる、パーツがバラバラになってしまった症状に対応できます。

ご来店されるお客様のほかに宅配便でも修理依頼がちょくちょく届く定番の修理例です。

なぜ宅配便の依頼が多いか。それは、他で提案される修理内容に納得できないから。

お客様のお話から、他では中留バックルの故障はほぼ確実にベルト一式交換を薦めらてしまうことが分かりました。だから、修理対応している当店へたどり着くのです。

 

ピンが抜ける修理と違って、中留バックルの交換は純正パーツが手に入りにくく交換が難しいのです。そこで、当店では壊れた中留バックルを部分修理で対応することでお客様に喜んでいただいております。

気になる費用も納得価格でご案内。ベルト交換するより7割以上安くできたと感謝されたこともありました。納得いく説明なく「ベルト一式交換が必要ですー」とカンタンに言われてしまう風習に抵抗してます。

修理に楽な道など無い。しかし、「ベルト故障は交換しないとダメ」という慣わしに納得できない方々からの支持によって支えられております。

 

一番伝えたいことは、ベルト交換といわれても諦めないでほしいということです。修理すればより安価に納得いく形で直るかもしれません。お困りの方は群馬県桐生市の(株)福田時計店にご相談くださいませ。

 

おかげさまで、オメガ腕時計ベルト修理品だけで1ヶ月で10件以上も届くようにもなりました。

修理実例と一緒にこのあと詳しくご案内いたします。

 

さて、こちらのブログ記事は前回の続きとなります。前の記事を読まなくても大丈夫ですが、お時間があれば読んでいただけると幸いです。

前回の記事のおさらい オメガのベルト駒ピンの交換修理編

続きを読む

2019年

12月

27日

腕時計のベルト修理で簡単に「丸ごと交換が必要」なんて言わない、部分修理で何とかしてやると活動してたら宅配便で続々と修理依頼が入るようになった【OMEGAベルト駒ピン修理編】

腕時計ベルトのピンが抜け落ちて困ると修理依頼が多かったOMEGA(オメガ) 対応部品を取り揃えて準備万端

群馬県桐生市の(株)福田時計店ではオメガ腕時計のベルト修理をやっております。今回は2019年の修理例を振り返り、特に多かった修理を実例つきでご案内してます。

オメガ腕時計のベルトが壊れて悩んでる人、ホントに多いなと感じた1年でした。

 

最近流行りの“ 作品名だけで内容が分かる小説 ”みたいな長いタイトルですみません。忙しい年末でたぶん見ている人あまりいないはずだから許されるはず。

 

今回はその1として、オメガのベルト駒ピン修理編。ピンが抜け落ちて腕に着けられない不具合をなんとかする修理例をご案内いたします。

 

群馬県桐生市の(株)福田時計店では、今年から本格的に宅配便による修理受付を開始しました。その結果、北海道から九州地方の方からも修理依頼が到着するようになりました。

特に目立っていたのがOMEGA(オメガ)腕時計のベルト修理です。先月11月は10本以上のベルト修理ができました。1ヶ月間、宅配便で届いて直したオメガ腕時計だけでこの数。正直驚きました。他にもロレックスやタグホイヤーの修理品も届いていたので、結構忙しかった記憶があります。

 

宅配便で修理依頼される方のほとんどは群馬県外の方となります。

新潟県や埼玉県などの群馬県のお隣だけど距離は遠いところ、東京都や横浜市といった都会、桐生市からかなり遠い山梨県や愛知県や奈良県にお住まいの方からもオメガベルト修理依頼が入りました。

大切な腕時計の修理を(株)福田時計店にお任せいただきまして、ありがとうございました。

 

よくあるベルト修理内容ですが、「ベルトのピンが抜け落ちて腕に着けられない」、「腕に固定するのに使う金具(中留バックル)が壊れた」という故障が多かったですね。

 

 

 

第一弾の今回は、オメガのベルト駒のピンやパイプ交換についてご案内いたします。

修理例を紹介しつつ、ベルト修理に力を入れるようになったキッカケ話もしていきます。

一言でいえば「反骨精神」でしょうか。すーぐ「ベルト一式交換です」と言われてしまう慣わしに対抗してました。

仕事やイベントで忙しい年末。真面目に読んでる人もいなそうですし、ぶっちゃけ話もできるかも!?

 

 

お急ぎの方へ、オメガ腕時計ベルト修理についてまとめたページあります。

症状別に修理方法や金額の目安についてもご案内しております。

 

詳しくはこちら 「オメガベルト修理の極意」

 

ピンが抜け落ちて壊れた! 新しいピン部品交換で対応できます

続きを読む

2019年

12月

21日

【ROLEX修理例】ロレックスが動かなくなった原因で最も多かったのは「ゼンマイ故障」2019年の修理を振り返る

止まったロレックス腕時計の多くがゼンマイ交換で復活 群馬県でロレックス修理やってます

優れた機能性と実用性があり、世界的な知名度を誇るロレックス腕時計。長く使い続けられる腕時計なだけに、突然止まったまま動かなくなってしまうと心配になります。

2019年に(株)福田時計店で直してきたロレックス腕時計修理を振り返った結果、止まりの原因1位は「ゼンマイ故障」と判明。

この後、くわしくご案内いたします。

 

 

群馬県桐生市の(株)福田時計店でROLEX(ロレックス)腕時計の修理をやっております。止まって動かない、時刻が大きく狂って合わない、止まりやすい、ブレス(金属ベルト)が壊れて腕に着けられないといった症状を直すことができます。

ロレックスのオーバーホールご案内できます。オーバーホールとは、腕時計を分解してひと通りメンテナンスすることです。時計を良い状態に直し、故障箇所は部品交換で正常に動くよう修理します。

結果、腕時計を快適に使えるようにして長持ちさせることができます。

 

2019年はインターネットを見て市外・県外からもご来店されるお客様がいらっしゃいました。

ロレックスのオーバーホール修理依頼が1ヶ月で10本以上となる時期もあるなど、今年もたくさんのご利用ありがとうございました。

ご来店されたお客様のお話を聞くと、「時計を直すのにどこのお店へ行けばいいか分からない」というお声が多いです。そこで、スマートフォンやパソコンのインターネットにて当店を見つけていただきご来店していただいております。

ご来店されたお客様に料金や修理日数などを説明すると「もうネットで見て知ってるよ」とお返事をいただくことも増えました。結構よく見ていただいてます。

 

腕時計修理例も好評で、「同じ腕時計が修理されてるのを見て来た」とおっしゃる方もいらっしゃいます。

ロレックスのオーバーホール修理例を掲載しております。

 

 

ロレックス オーバーホール基本料金は¥25,000+税。(一部モデルは別料金)

腕時計修理、お見積り無料です。

修理をご希望の方は腕時計を持ってご来店されるか、あるいは宅配便で修理受付できます。

 

宅配便修理をご希望の方はこちら

ロレックスはゼンマイを巻き上げて針を動かす機械式腕時計 だからゼンマイが故障すると正常に動かなくなります

続きを読む

2019年

12月

18日

【TAG HEUER時計修理例】歌劇の街から宅配便で届いたタグホイヤー、オーバーホール修理 日付機能も元気に回って大復活

兵庫県宝塚市の方から届いたタグホイヤー腕時計、カレンダー機能も直って修理完了

兵庫県宝塚市にお住いの方からタグホイヤー腕時計修理のご依頼が入りました。

群馬県桐生市の(株)福田時計店までご来店されるのは難しいため、宅配便で修理受付しました。

 

購入から約30年経つというタグホイヤークォーツ腕時計です。

お客様は古い物なので修理できる品物かどうか迷われておりましたが、私どもで無事直すことができました。

 

まずはオーバーホール(分解修理)をご提案。汚れの詰まりの解消やオイル注油、防水対策のパッキンメンテナンスなどを行います。

さらに、日付を表すカレンダー機能に不具合を発見。部品交換で対応できました。

 

最近は宅配便でタグホイヤーの金属ベルト修理ご依頼が増えております。今回も東京や横浜にお住まいの方から依頼されたメタルブレス修理例もご紹介します。

もちろんベルト修理だけでなく、時計本体の修理や電池交換も同時に承ることができます。

 

お見積り無料です。

修理例をこのあとご案内いたします。

 

購入から30年経つ腕時計を修理。日付がうまく表示できないタグホイヤーのオーバーホールと部品交換修理例

続きを読む

2019年

12月

12日

強いご希望がある方だけにご案内「文字盤リダン」腕時計の顔である文字盤を書き換えて好みのデザインへ変更完了

迷彩柄を黒色に変えたい。文字盤の書き換え(リダン)修理例

書き換え前

書き換え後


腕時計の文字盤の書き換え・再生(リダン)修理例です。

文字盤とはいわゆる腕時計の顔となる部分です。時刻を表す数字や記号、ブランド名などがデザインされた部品です。

古びて劣化した見た目を新しくしたい、デザインを変更したいというときにご案内する修理方法です。

 

お客様のご要望で写真のとおり、カモフラージュ(迷彩柄)を黒色に変更しました。

 

 

最初にお知らせしておきますと、私どもでは積極的にオススメはしません。

雰囲気が思い通りにならない、色合いが想像と違ったなどのトラブルになりやすいからです。

長い年月かけてできあがったアンティークな空気が台無しとなることもあるため、文字盤リダンするかどうかはよく考えて決めたほうがいいでしょう。

さらに日数もかなりかかります。

今回のお客様はよくご存知で理解のある方で助かりました。

 

「文字盤リダン」は強いご希望がある方だけにご案内しております。

 

群馬県桐生市の(株)福田時計店では腕時計の修理やオーバーホールなどができます。

なお、文字盤のリダンは当店から専門の職人へ依頼することになります。

これから修理例をご案内いたします。

 

どう変更したいか、ハッキリしてると助かります

リダン前 迷彩柄が気に入らないから黒色に変更したいというご希望

続きを読む

修理実績があります。ブランド別に時計修理例を掲載中

群馬県桐生市の(株)福田時計店:過去の時計修理例をご覧になりたい方はコチラ
群馬県桐生市の(株)福田時計店:過去の時計修理例をご覧になりたい方はコチラ