群馬県桐生市で創業65年 親切と真心の店。

オメガのオーバーホール修理例【クォーツと自動巻き】

時計修理は内容に納得してもらえなければ始まらない

・ オメガ シーマスター自動巻きの時計修理。

オーバーホールとリューズ交換

 

・ オメガ シーマスター クォーツ修理

オーバーホール、電池の液漏れ修理

 

・開口一番に「メーカー修理が必要」が納得してもらえない理由

 

修理依頼の多いオメガの時計修理、私どもにお任せください

群馬県桐生市で時計修理をしている(株)福田時計店です。

とくに修理依頼の多い、OMEGA(オメガ)をご紹介。

 

新品での購入はもちろんですが、

家族から譲り受けた物、リサイクルショップ、ネットオークションなど。

とにかく人気のブランド腕時計です。

 

年数が経つオメガ シーマスター オートマの分解掃除と部品交換修理

オーバーホール部品交換により、修理完了。

 

見ての通り、時刻やカレンダーを合わせるのに使うリューズ部品を交換。

ちゃんと純正品を使いますので、雰囲気を変えることなく直ります。

 

オメガ シーマスター オートマ機械式のオーバーホール基本料金

¥21,000(税別 パッキン交換代含む)

部品交換が必要な場合は別途部品代がかかります。

Ω(オメガ)のマークがキラリと光る。

もちろん、オーバーホール(分解掃除)で時計の中もしっかりメンテナンス済み。

 

購入してから長い年月が経つ腕時計。金属についたキズがあり、文字板が古びています。

文字板はリダンして描きなおせば、キレイにすることもできます。必要であればお申し付けください。

しかし、使い込まれた証として残す方が個人的には好きです。

 

電池の液漏れがあるオメガ シーマスタークォーツのオーバーホール

古い電池が液漏れしており、私どもに修理依頼のあったオメガ シーマスタークォーツ。

オーバーホールにより直りました。メンテナンスほか、液漏れ跡の洗浄も完了。

 

オメガ シーマスタークォーツ(電池で動くタイプ)のオーバーホール基本料金

¥16,500(税別 電池交換・パッキン交換も含む)

 

実はこの腕時計、お客様が他で見積りしたけれど納得できず修理中止。

その後、私どもに修理依頼がありました。

 

納得できる修理内容、できない修理内容

納得できる修理内容とは何か

【納得】(なっとく)とは:他人の考えや行動などを十分に理解して得心すること。goo辞書より引用

 

私どもでは、お客様に納得していただける時計修理を目指しております。

 

お客様に修理内容を十分に理解してもらえるための説明、料金、できる事、できない事、修理に対する姿勢を了解してもらえることが大事だと思っています。

ロクな説明なしに「メーカー修理が必要」では納得してもらえない?

他での修理を断った理由。それは約5~6万円かかるから、とおっしゃっていたお客様。

金額もあるけれど、なにより内容や態度に不満のご様子。

たぶん、メーカー修理(正規店修理)を提案されたのではないかと推測。

 

メーカー修理。オメガなら「スウォッチジャパン送り」は決して間違いではない。

たとえばこの時計。150メートル防水を保証したい場合は、この手が一番である。

水に潜る時に使う、海やプールで泳ぐのに身に着けたい腕時計って話なら、私どもだってメーカー修理をオススメする。

しかし、そうでなければ違う提案ができる。

 

おそらく詳しい説明なしに、いきなりメーカー修理を勧められてしまったのではないか。いきなり5万、6万円かかると言われれば、驚く人がいて当然。

 

事情も分からずに快諾してくれる人間なんて、あんまりいないというお話でした。

 

 

私どもでは、事前にお客様のご希望をはじめ、どんな時に使うか、時計の状態の確認、大事なご予算などをお聞きして見積もりいたします。

修理ご希望の方は腕時計を持って、群馬県桐生市の(株)福田時計店までお越しくださいませ。

オーバーホールはもちろん、オメガの電池交換できます。

修理例をもっと見たい方はこちら
修理例をもっと見たい方はこちら