群馬県桐生市で創業65年 親切と真心の店。

【新入荷】禁断のメガネ、自分用に1本作ってみました design88石彫シリーズ

アイデアでズレにくい眼鏡が誕生。本来NGだと考えていた、もみあげ部分を押さえるメガネがすごい

新入荷したメガネフレームをさっそく一本自分用に作ってみました。

アイデア商品の数々を世に生み出すdesign88さんの新作「石彫シリーズ」のご案内です。もちろん日本製です。

まだ数日ですが、自分で眼鏡をかけてみてひしひしと感じることが一つ。

 

 

「禁断のメガネ」が誕生してしまったのかもしれない。

 

 

なぜなら、メガネをかけている人なら一度くらいやったことある「クイッとメガネを手で上げて格好付ける動作が封印される」から。

というのは半分冗談。しかし半分は本気。非常にずり下がりにくい眼鏡のために手で持ち上げて直す必要がホントになくなりそうなんです。

 

眼鏡がズレにくい安定感のヒミツは押さえるポイントを増やしたこと。

従来からある鼻当てと耳元部分のほかに、横から押さえることで新たな掛け心地を実現。

 

正直、最初は「もみあげ部分を押さえるなんてタブーじゃないか、大丈夫か?」と考えてました。それなのでスポット入荷に留めておいて、まずは自分で確かめてみようということでレビューもかねてご紹介していきます。

 

もみあげを押さえこむメガネは不快感の原因になる 普通だと

もみあげを押さえるくらいキツイ眼鏡はタブーである。眼鏡について指導してくれた恩師からの教えでもあります。

眼鏡がゆるいから下がると思ってドンドン狭くキツくしていってはいけないのです。

きつくしすぎるとメガネが前に押し出されて結果、ずり下がる眼鏡になってしまいます。

恩師からは「バレーボールにキツイ眼鏡をかけさせようとするのを想像しろ、無理に押し込んでも前にはじき出されるから」と教わっておりました。

 

また、眼鏡を掛けた時の快適さにも影響します。押さえこむくらい圧迫を与えてしまうと不快感の原因になるかなと思っております。

 

だから、もみあげを押さえるような構造を見たとき最初は心配になりました。

しかし、そこはアイデアで解決。最初から押さえることを前提に設計されていれば話は別なのです。

 

鼻当て・耳元・そして横から押さえる。3点で押さえればズレ落ちにくくなるという考えによって生まれております。

横を押さえる部品としてNQTパッドが使われております。

NQT(ノット クイット パッド) スポーツジムで運動中もズレないメガネ

サイドから優しくお顔にフィットする部品。NQTパッドといいます。

しずく型ですね。(野菜のナス型といってはいけません!)

「ノット クイット パッド」の略だそうです。眼鏡を持ち上げ直す動作を封じる意味合いですね。

 

私も実際試しております。圧迫感が少なくズレ防止に役立っております。

やはり鼻当て・耳あて(モダン)につづく第三の押さえポイントの設置は有効なようです。

 

この前スポーツジムで「石彫シリーズ」メガネを掛けて運動してきました。

走って少々汗をかいてもズレにくくて満足。

別にスポーツ用サングラスってわけではないのですが、ずり落ちにくいのを実感できました。

 

ところで群馬県桐生市やお隣のみどり市では、ただいまスポーツジムが続々と建つ異常事態。来月にまた桐生市でスポーツジムが増えます。既にすぐ近くにジムあるのに、しかも24時間営業らしい。やっていけるのかなーと勝手な心配をしております。

 

そこまでジムが流行っているのか。ガチのスポーツ向けなら日本製のQUADサングラスとかあるけれど、ちょい運動するときのメガネってのも考えなければいけないかもね。

自分が使うレンズは「ネオコントラスト」シリーズの薄い色シーコントラスト

度付レンズを入れて使用しております。

レンズは眩しさを防ぐ「ネオコントラスト」シリーズのシーコントラストにしました。

ネオコントラストだと結構色が入ってきてやや目立つので、ナチュラルにさりげなく色が入るシーコントラストを採用。

レンズの薄いブルーの色とフレームの青色との統一感を狙いました。夜間の車の運転でもライトのまぶしさを抑えられて良い感じです。

 

徹底したアイデア眼鏡 お客様には関係ないけれど店員には嬉しい配慮

お客様にはなかなか見せない舞台裏。

自分用にメガネを作るときにテンプル(眼鏡のつる)が長すぎるなあと思ってました。

テンプルが長すぎれば切ればOK。さて切るかと思ったとき、design88さんのメガネは一味違いました。

切り込みが既に入っている嬉しい仕様。

 

モダン部品を外さないとお目にかかれないため、お客様には直接関係ありません。しかし、店員にとっては切りやすくて助かる仕様ですね。

先回りして配慮された親切心といいますか、アイデアのパワー恐るべし。

ガッチリした石の質感。さわやかなブルーとのギャップが素敵。

金属の色合いがキレイです。日本製ではなかなかこういうブルー色のメガネってないのです。

 

 

メタルともアセテートとも違う、石のフレームですよ。

最近のクラシック眼鏡ブームに飽きた人にぜひ薦めてみたい、パンチのきいたデザインですよ。

石といっても人工御影石。見かけに反して軽い。事情によって磨かれてないのですが、それがまた渋くてカッコイイ。それ以外にもメガネに適した特長がいっぱい。

 

詳しくは後ほど。

ナイロールタイプもあります。フチが視界に入るのが気になる方はこちらをどうぞ。

マイルドで優しい印象、落ち着きあるレッドの色が上品で良い。

 

当店では現在「石彫2号」と「石彫4号」をご用意しております。

ぜひ、群馬県桐生市の(株)福田時計店でお試しください。

眼鏡フレームに使われる人工御影石やメガネの写真など、詳しくはこちら

アイデア商品を次々と世に送り出す「design88」石彫シリーズ、群馬の人たちに受け入れられるかは未知数だけど、かっこいいよ

「軽さ・掛け心地・美しさ・色と遊ぶ」アイデアあふれるメガネを作り出すdesign88(デザインハッパ)さん。

当店で取扱いできるというのは光栄ですね。

これまでも軽量な透明メガネや竹で出来た眼鏡、恐竜コラボのサングラスといった斬新なものを世に送り出してきたブランドです。

 

 

導入のキッカケは、国際メガネ展示会での一目ぼれでした。石彫のフレームの質感にビビッときました。

世の中はクラシック眼鏡ブームですけど、自分にはあんまり似合わないんですよね。

カッコイイ金属メタルタイプのメガネでも「これだ!」ってのが今あんまりないし。

金属のメガネであんまりキツイ印象のをかけると「悪役の銀行員がかけそうなメガネ」になっちゃう。厳しいこと言いまくって部下や中小企業をイジメるみたいな。

 

さて石彫シリーズの魅力について。

石の武骨で媚びない潔さというか、そういうのなんか良いなって思ってかけてみたら良かったので、ぜひウチの店に置きたいってお話をしてました。

その後、NQTパッドで本当に大丈夫かなという実験を兼ねて自分用メガネに作ってみました。

 

結果は「これならいけそう」。

鼻パッドや耳元の調整も普通にできるので大丈夫ですね。

メガネの締め付け具合の調節具合が戸惑いました。最初の状態だとキツめだったので緩くすることで良い具合になりました。

なお、こちらの石彫メガネはネットで売られていても手を出してはいけません。

最初からずり落ちにくい仕様とはいえ、細かな調整はやはり必要です。なぜなら快適さに影響するから。

ちょっとキツめ・ゆるめがいい。そういったアフターサービスができる店舗での購入が必須でしょう。

 

禁断のアイデア眼鏡、群馬の人に受け入れられるだろうか。実際に試せば魅力が伝わるはず

群馬県のそれも桐生市の方に受け入れられるかは正直いって未知数です。

今回はスポット入荷ということで、2点をご用意しております。

ただ、掛け心地は大丈夫だったし、見た目も渋くてカッコイイ。金属の色合いも海外アイウェアに負けてない美しさもある。ロゴを隠して「フランスJ.F.REYの新作メガネです」っていっても多分バレないかも。なんちゃって。

 

とにかく、群馬県桐生市でメガネのマエストロを目指す(株)福田時計店にとって、見過ごせないメガネであります。

実際に目で見て試さないと魅力が伝わらないでしょう。

 

気になった方はぜひ店頭までお越しくださいませ。

店舗情報はこちら

見え方の確認、無料でできます。

 

「認定眼鏡士」在中店。群馬県桐生市で創業60年以上のメガネ店。

(株)福田時計店では、国産の真面目な眼鏡からおしゃれな海外ブランドアイウェア、サングラスなどを取り揃えております。

 

営業時間 9:40~18:40

定休日 水曜日・日曜日

住所:群馬県桐生市東町808

TEL 0277-45-2383