群馬県桐生市で創業65年 親切と真心の店。

メガネご購入までの流れ

1、受付

見え方に関する現在のお悩みや、どんなメガネをご希望するかなどをお伺いいたします。現在使用されているメガネがあれば、度数や状態の確認もいたします。ゆっくりとお話を聞きながら、お客様のご希望に沿えるメガネをプロの視点から考えていきます。基本的なことですが、メガネを作る上でとても重要なことです。


2、見え方の確認(視力測定)

店内にある専用の部屋にて、現在の見え方を詳しく確認いたします。

1、現在、どのくらい見えるかを確認いたします。 

2、テスト用レンズを組み合わせて、より良く見えて快適に使える度数を選んでいきます。


※豊富な知識と経験が必要となる重要なステップです。当店の認定眼鏡士にお任せください。
※お客様のお悩みや、眼鏡の使用目的などに応じてレンズをご提案してまいります。

3、メガネフレーム・レンズ選び

お客様のご希望に合ったメガネフレームやレンズを選んでいきます。

フレームは、国産・海外ブランドの中から厳選されたものを店内にご用意しています。レンズに関しては、見え方の確認の結果や使用目的に応じて、眼鏡のプロがご提案いたします。遠く・手元専用、遠近両用、中近両用、サングラス、ガラスレンズ等々、当店で取り扱っているレンズだけでも種類は数十種類もあります。ご予算も含めて、お客様のご要望にしっかりと合うレンズをご提案いたします。

 


※レンズの種類によってオススメするフレームが変わることがあります。

例)遠近両用メガネの場合、レンズが非常に細いフレームにすると見え方に影響することがあります。その場合、上下幅が広いフレームをオススメいたします。
また、細いフレームに適した遠近両用レンズもございます。

テストレンズで見え方をご体験できます、詳しくは店員までお問い合わせください。

4、レンズ加工前にフィッティング

お客様に似合う素敵なフレームをお選びいただいたら、その場でまず掛け具合を調整いたします。レンズを加工して組み立てる前にフィッティングの調整をすることで、一人一人に合ったメガネをご案内することに役立ちます。


レンズを加工する時に重要な、目の位置や高さなどを確認することができます。事前のフィッティングは、特に遠近両用メガネを作るときに絶対に必要です。物を見るときの姿勢やクセなども、人それぞれ違います。それらも一緒に確認することができます。

 

この調整をしっかりじっくりすることが、快適で使いやすい遠近両用メガネ作りに重要だと、桐生の(株)福田時計店では考えています。

5、レンズ加工

レンズをフレームに合うように丁寧に加工いたします。

フレームのネジなども検査して組立いたします。


6、完成したメガネをお渡し

メガネが完成してお客様にお渡しする前に「2度目のフィッティング」をします。メガネをかけたときの見た目はもちろん、快適にしっかり使えるように時間をかけて掛け具合を調整いたします。

こうしたチェックが終わったら、メガネをお渡しいたします。

7、快適に使い続けるために、充実のアフターサービス

メガネを買ったらそれで終わり、というわけではありません。

 

桐生の(株)福田時計店では、メガネをお買い上げ頂いた後もしっかりアフターフォローいたします。メガネのメンテナンス、いつでも無料。ネジのゆるみや掛け具合が気になったらいつでもお越しください。ぶつかってメガネが曲がってしまった場合などの修理も無料でいたします。

(ロー付修理が必要など、一部の修理は有料となることがあります。)