群馬県桐生市で創業65年 親切と真心の店。

金具は純正のまま革ベルトを新しいデザインにしたい、こだわりたい方から修理依頼が届くGUCCI腕時計の革ベルト交換例

新しい革ベルトにしてもGUCCI腕時計の金具をまだまだ使い続けたい。ご希望を叶える革ベルト交換修理例

グッチ腕時計の革ベルトを新しいのに交換したい。デザインを変えたい。

でも、「GUCCI」のロゴが入った留め具や金具は替えずに引き続き使いたい。

純正の留め具にこだわらなければ他のベルトも付くけれど、せっかく腕に着けるのだから妥協はしたくない。

 

そのようなご要望があってか、遠方から郵送や宅配便でグッチ腕時計の革ベルト交換依頼が届くことが多くなりました。

 

 

群馬県桐生市の(株)福田時計店ではグッチ腕時計の革ベルト交換修理を承っております。

他で断られやすいオールドグッチ腕時計も修理対応できます。

 

当店のメリットは主に3つあります。

1,ご要望に応じて純正オリジナルにないデザインや色の革ベルトをご提案できる

2,市販品を加工して着けられるようにすることでオーダーメードより費用を抑えられる

3,今まで使ってきたグッチ純正の留め具(尾錠など)を引き継げる

 

 

「何でもイイ」じゃ満足できない方に選ばれる革ベルト交換例、ご紹介してまいります。

 

一般的な革ベルトでは交換できないオールドグッチ腕時計の革ベルト交換例

神奈川県の横浜市にお住まいのお客様からオールドグッチ腕時計の革ベルト交換修理のご依頼です。

ご来店が難しいため宅配便で修理品が到着。メールで写真画像を送ってベルトをお選びいただくことになりました。

選ぶ際の参考になればと思い、ベルトの模様や雰囲気や仕立て方法などもご紹介しました。

 

 

オールドグッチによく見られる革ベルトの特徴といえば、取付口が凹んだ形になっている革ベルトです。

一般的な革ベルトと形が違うため、交換を断られる原因となります。

 

 

ではどうすればよいか。まず思いつくのは純正ベルトを用意することになります。

ところが、古いグッチ腕時計だと正規修理では対応してもらえないというお声を聞いたことがあります。

そうなると純正ベルトを見つけるのは難しくなります。

 

その他の手段として革ベルトメーカーに頼んでオーダーメードする方法があります。

確実に好きなデザインで作ることができます。しかし、費用が数万円からと高額になるほか日数もかかります。

 

市販品を加工することで選択肢は広く、価格は控えめに対応できます

純正ベルトでもない、オーダーメードでもない。第三の手段は市販品を加工して取付できるようにすることでした。

ベルトメーカーから販売されている規格品のため、オーダーメードよりかなり費用を抑えられます。

 

また、純正のデザインに縛られることがないのも利点です。革素材や取付幅、厚みなどいくつか条件が合えば交換可能になります。

すべての腕時計に対応できるわけではありませんが、修理例としてご紹介しているオールドグッチであればたいていは修理できます。

 

今回はグッチ腕時計のベルト交換において当店で一番人気のリザード革をお選びいただけました。

細かな模様が並ぶ繊細で上品なデザインです。ベルトの厚みも薄めで時計本体が薄型のオールドグッチにも似合いやすいです。

仕立て方法もこだわりがあり、着け心地も良好です。

加工して形を整えたあとに交換完了。

文字盤の黒と本体の金色によくマッチする黒色です。

 

尾錠(留め具)はグッチのものを引き継げるようにご提案

オールドグッチ腕時計の革ベルト交換完了 工賃ふくめ6千円台

 

 

グッチのロゴが入った留め具が残っていれば引き継いで使えるようにご提案できます。

多くの場合、革部分が壊れていても金属の留め具はまだ使える例を多く見ております。(過去に一度だけ金具が錆びつきすぎて破損していたことはありました)

 

ベルトを選ぶときからきちんと考えていることで実現できます。

革ベルト自体は純正でなくても、純正っぽく見えてしまう魔法のような効果があります。

長く使ってきただけあってキズや変色はあります。

でも、長年経った時計本体に付き添ってきたような雰囲気があって素敵だと思います。

 

純正の金具が再び使える点は、お客様にもたいへん好評です。

 

思い切って選んだ白ベルト 大満足いただいたグッチ革ベルト交換例

岡山県にお住まいの方から宅配便で修理依頼品が届きました。

 

メールに写真画像を送ったりしながら、新しいベルトについてお客様といろいろお話していきました。

 

そして決まったベルトは白色でした。

今までのベルトと全然違う姿に生まれ変わりました。

白色の爽やかさは格別です。夏の季節にピッタリと喜ばれました。

金色の金属ケース部分を上品に引き立ててくれています。

 

革素材は一般的な腕時計によく採用されるカーフです。

前のベルトより長くなっているため、ベルト穴を増やして細いサイズにも対応できるようにしております。

グッチ腕時計の革ベルト交換完了 4千円台

 

純正にない、好きな色を選べるのが純粋に楽しいものです。

取付幅やカラーによって選べるベルトに限界はありますが、希望にあうものが見つかるようお手伝いいたします。

 

ご要望を叶えつつ、純正の金具を考えたベルト選びで喜ばれました

兵庫県にお住まいの方からグッチ腕時計の革ベルト交換修理のご依頼が入りました。

 

今回お預かりしたグッチ腕時計の留め具は折りたたみ式のバックルです。

純正の留め具を引き継ぐときは取付幅のほかに厚みにも気を付けなければいけません。

 

厚みを無視すると、ベルトが留め具を通らず腕に着けられないという悲しい出来事になりかねません。

 

お客様のご希望通り黒色ベルトで合うものが見つかりました。

2種類ご紹介したうちの1つで、厚みがややギリギリでしたが無事に金具を通せて交換できました。

一度ベルト穴の位置が決まれば、そう頻繁に変えるものではないので心配ないでしょう。

革ベルト交換と電池交換完了 合わせて6千円台

 

ベルトの色は変えたいが、留め具は変えたくないというご要望でした。

こだわりがあるからこそ、兵庫県から遠い群馬県の当店まで修理依頼をされたことと思われます。

無事に喜ばれるベルトに交換できてホッとしております。

 

電池交換しても動かないグッチ腕時計のオーバーホール修理も承ります

桐生市のお客様からお預かりしたグッチ腕時計です。

 

電池交換しても動かない不具合があるグッチ腕時計の修理例をご紹介します。

調べたところ、機械に故障がみられたので部品交換しつつオーバーホールにて修理できました。

 

オーバーホールとは腕時計を分解して洗浄やオイル注油などを行うメンテナンスです。

電池を新しくしても動かない故障を直すには基本的にオーバーホールが必要となります。

不具合があれば調べて部品交換をおこなうこともあります。

 

部品交換をふくむオーバーホール修理完了 税込み1万円台

 

 

古い腕時計は部品が手に入らないことも多くあり、修理にも限界はあります。

可能な限り直せるように見てみますので、お困りの方はご相談お待ちしております。

 

店舗情報

群馬県桐生市で創業60年以上。腕時計の修理を承っております。

親切と真心を大切にしつつ、納得していただける修理内容のご案内を目指しております。

 

電池交換、オーバーホール、革ベルト交換、金属ベルト直し、サイズ調整など修理できます。

他で購入された腕時計でも大丈夫でございます。

 

修理受付は店頭か、または郵送や宅配便で修理品をお送りいただくことでも受付いたします。

店舗へのアクセスについて

郵便番号376-0032

群馬県桐生市東町808

(株)福田時計店

電話番号 0277-45-2383

 

営業時間 9:40~18:00

定休日 水曜日と日曜日

駐車場4台分あり

 

郵送や宅配便で修理依頼をお考えの方へ

腕時計修理例 ほかにも掲載中

GUCCI グッチ腕時計の修理例 前の記事へ