群馬県桐生市で創業65年 親切と真心の店。

【ROLEX腕時計修理例】覚悟できてます、お客様の言葉を信じて修理を承った特別な部品交換、ロレックスオーバーホール修理例ご紹介

部品持込による文字盤交換のご依頼、かなりリスクが高いため本当にご理解いただいている方のみ対応します

修理事例としてウェブサイトに載せようかどうか迷った今回の修理内容。勇気を出して掲載します。

群馬県みどり市にお住まいの方からロレックス修理のご依頼が入りました。ロレックスの中でも定番といえるデイトジャストです。

群馬県桐生市の(株)福田時計店でROLEXロレックス腕時計のオーバーホール修理できます。

 

さて修理受付時にいつもと違うことが起こります。

お客様の「ある言葉」を聞いて頭の中で警報が鳴り響きました。理由は「オーバーホール修理のときに持参したコッチの文字盤に交換して欲しい」というご要望のお話があったからです。

インデックスがバータイプの白文字盤からローマ数字タイプのグレー文字盤のものに変更したいという内容です。

 

どこからか手に入れた文字盤を使って取り替える行為。これはおすすめしません。基本的に禁忌といっていい行動です。

当店で文字盤部品を用意することは一切できません。

 

文字盤は交換しないか、もしくはまったく同じもので交換するべきです。なぜなら、正規修理を断られてしまう恐れがあるからです。

 

 

それでも今回はお客様の強いご希望と覚悟を感じ取れたので修理させていただきました。詳しくは後ほどお話します。

 

リスクについてご理解いただいたので修理進行、オーバーホールとゼンマイ部品交換修理完了

改造品と判断されると正規修理を利用できなくなる危険がある

腕時計の顔と言える文字盤(ダイヤル)。たとえ取り替える部品が同じロレックスだとしてもダメなことがあります。

ブランドが認めていない組み合わせでは改造品とみなされることがあります。

もしも正規メーカー修理で改造品と判断されると一切の修理受付を断られてしまいます。

 

以前、他店で文字盤にダイヤモンドを取り付ける改造をしてしまったお客様がいらっしゃいました。その後、故障したので正規修理を利用しようとしたところ断られてしまったそうです。

文字盤に改造をしたとして正規修理を受けられず、お困りのところで当店の修理を利用していただいたことがありました。

新たに取り付けたダイヤモンド以外はすべて純正部品でもダメだったのです。ブランドを守る厳しさが垣間見えます。

 

余談ですが、一部のロレックスには正規修理で文字盤を違うデザインにすることができます。

有名な例はエクスプローラー2でしょうか。白と黒の色違いがあり交換できます。正規修理に出した際に希望すると有料で交換できます。

 

 

 

文字盤を交換する危険性について「分かってる、覚悟できてる」いくつか確認事項に納得していただいてからの修理受付となりました

以上のように文字盤の交換にはリスクがあります。事前に説明させていただきました。

すでにご存知だったのか、すんなり理解していただけました。ただし、後からトラブルになると困るのできちんとお話して納得していただいてから修理受付しました。

 

お客様が持ち込まれた文字盤にて交換できました。

文字盤なら何でも交換できるわけではなく、時計に合わないものであれば当然ムリです。

 

今回はお客様自身ですでに調べていただいていたこともあってか、不具合なく大丈夫でした。

 

 

意外と曲者なのが「持ち込まれた部品が使えない」ということ。適合すると言われて通販で購入したけれど実際はだめだったという例があります。

以前、風防を持ち込まれた方が来店されました。外径は合っていてつけられるものの、取付すると針と風防がぶつかってしまいました。これでは交換できません。

 

なぜダメだったのか。購入した方のミスか、あるいは売ったほうが間違えていたのか。原因はいろいろ考えられます。

さらにひどい例として、注文時は合っていたのに発送のときに間違えて違う品番のものを送ってしまったという例もあります。

時計部品に限った話ではないですが、海外業者から輸入とかだと間違いが結構あるようです。

当店でも以前、フランスの業者からアクセサリーを仕入れたら間違いがひどかったことがありました。

 

いずれにしてもトラブルのもとになるので、お客様が部品を単品で持ち込まれるとドキッとします。

部品が合うかどうかはもちろんですが、入手の経緯やお客様のご希望などによっては修理をお断りさせていただくこともあります。

 

 

 

自分の時計の修理例、ぜひアップしてと言われた今回の修理。載せるかどうか迷いました

ロレックスデイトジャストのオーバーホールとゼンマイ交換修理完了 税込み3万円台

 

文字盤を変えたかった理由は単純に自分の好みのデザインじゃなかったからだそうです。竹を割ったような、さっぱりとした理由です。

ご子息様にもロレックスをあげたとお話されていたお客様。気前の良さと明るさ、そしてブレない信念を持っている方でした。

機会があれば、ご子息様のロレックスも当店で修理メンテナンスをお任せいただければ嬉しいです。

 

 

今回のロレックスは修理事例として載せるかどうか迷っておりました。

やはりリスクが大きくてトラブルのもとになりやすいからです。あまり詳しくは書きませんが、よからぬことに利用されても困ります。

 

修理を受付するかどうかなどは当店の判断次第となります。恐縮ですが、どうかご理解いただければと思っております。

 

店舗情報

群馬県桐生市で創業60年以上。宝石・メガネ・時計の販売や修理をやっております。

 

腕時計の修理できます。

電池交換、オーバーホール、金属ベルト直し、ベルトサイズ調整、革バンド交換など、

腕時計修理のご依頼をお待ちしております。

 

納得できる腕時計修理を目指しております。

腕時計修理のお見積り無料です。

デイトジャストやエクスプローラーなど、ロレックス腕時計オーバーホール基本料金は税込み¥27,500でございます。

 

 

修理受付の方法について。

店頭まで腕時計をお持ちいただくか、あるいは郵送や宅配便で腕時計を送っていただければ受付いたします。

店舗へのアクセスや営業のご案内

営業時間 9:40~18:40

定休日 水曜日・日曜日

住所 郵便番号376-0032 群馬県桐生市東町808

TEL 0277-45-2383

 

専用駐車場4台分あり。

 

遠方などで来店が難しい方へ、宅配便などで修理受付できます

もっと腕時計修理例を見たい方へ

オマケ 夜光の写真を撮って欲しいというリクエスト

オーバーホールでお預かりした際に夜光している腕時計の写真を撮って欲しいというリクエストがありました。初めての試みです。

いつも撮っているカメラの設定ではうまく撮影できません。暗すぎてピント合わせが難しく手振れもあります。暗いところではISO感度が上がってノイズまみれにもなります。

 

本来は三脚でカメラを固定してシャッター速度を低速にして撮ればいいのでしょうが、三脚を持っていないので無理です。

手動でピント合わせておいてシャッター速度を低速に設定。テーブルにカメラを置いてタイマーで撮影しました。何とか夜光の緑色が見えますでしょうか。

三脚がないため腕時計を真正面で撮れず傾いたために「あおり」が出てしまってます。素人が撮ったものなのできっと許してもらえることでしょう。