群馬県桐生市で創業65年 親切と真心の店。

電池交換しても動かないHERMES(エルメス)腕時計修理例ほか、東京都の方から宅配便で届いたボーム&メルシエ修理も

フタを開けたら錆びだらけで動かなかったエルメス腕時計がオーバーホール修理で蘇りました、腕時計修理例ご紹介

群馬県渋川市にお住まいのお客様からエルメス腕時計の修理依頼が入りました。

電池交換しても動かないため、オーバーホール修理となりました。

群馬県桐生市の(株)福田時計店では腕時計の修理を承ります。エルメス腕時計も修理できます。

 

オーバーホールとは腕時計の機械を分解して洗浄や注油などでメンテナンスすることです。

汚れを落として機械油の補充などで動作をスムーズにできます。

 

電池で動くクォーツタイプでも、アナログ式の時計は針を動かすのに歯車を使います。

普通は軽やかに動くはずの歯車でも、ゴミや湿気で重くなりすぎると動作が鈍くなってきます。もっとひどくなると止まって動かなくなってしまいます。

エルメス腕時計の裏蓋を開けたら錆びがひどい状態でした。そこでオーバーホールしてメンテナンスすることで無事に動くように直せました。

 

今回はエルメス腕時計の修理例ほか、ボーム&メルシエのクォーツ腕時計修理例もご紹介します。

 

人気のエルメス クリッパー腕時計の修理完了

オーバーホール修理完了 税込み2万円台

 

電池で動くエルメス腕時計を修理しました。人気があるクリッパーと呼ばれるモデルです。

 針を動かす歯車が錆びついて固着していて電池を替えても動きません。時計の針や文字盤は比較的キレイそうだったのに。時計内部の状態が想像と違ってちょっとショック。

 

裏蓋を開けたときから分かっていましたが錆落としを頑張る必要があります。

腕時計の機械や針などを分解してメンテナンスしていきました。

錆落としなどの洗浄後は歯車にはオイルを注油して正常に動くように対応します。

消費電流をチェックしてまだ動作が重くなっていないかも調べて、正常に動くことを確認できました。

 

オーバーホールにはお預かりから完了までおよそ3週間程度かかります。

十分にお日にちをいただいて腕時計を良い状態へと復活させることができました。

 

エルメス腕時計の電池交換、その日のうちにお渡しできます

オーバーホール(分解修理)といった手の込んだ修理のほかに電池交換も即日で可能です。

店頭にお越しいただいたその日のうちにすぐ作業してお渡しできます。

また、同時に革ベルト交換も承ることができます。

 

今回は電池交換のほかにお客様が持ち込まれたベルト交換もしました。

革ベルト交換もできます

お客様がお持ちいただいた、とっても長いベルト。電池交換のときに一緒にベルト交換しました。

持込ベルトのほか店頭にもサイズや色別に革ベルトをご用意しております。

電池交換とともにリフレッシュできます。

 

東京都にお住まいの方から宅配便で修理依頼が入ったボーム&メルシエ腕時計の修理完了

電池で動くクォーツ腕時計ボーム&メルシエの修理完了しました。東京都にお住まいのお客様のため群馬県まで遠いので宅配便で修理受付しました。

故障原因は機械のコイルが壊れていたことが分かりました。

 

コイルを新しいものに交換してオーバーホールすることで直せました。

消耗部品のゴムパッキン交換もして水や湿気が入らないように対処もしました。

部品交換やオーバーホール修理完了 税込み1万円台

 

電池交換だけでは動かない腕時計の修理やっております。部品が当店で手に入るものであれば修理対応できます。

電池切れが早い、時刻がすぐに狂う、その他「何かおかしい」と気づいたらオーバーホールをおすすめします。

修理の受付は群馬県桐生市の(株)福田時計店までお越しいただくか、あるいは郵送・宅配便で送っていただいてもOKです。

 

時計修理を続けて群馬県桐生市で創業60年以上、(株)福田時計店の店舗情報

宝石・メガネ・時計の販売や修理を続けて群馬県桐生市で創業60年以上。

(株)福田時計店で腕時計修理を承ります。

電池交換やオーバーホール、ベルトサイズ調整や金属ベルト直し、革ベルト交換もできます。

 

店頭か、あるいは郵送・宅配便で腕時計をお送りいただければ修理受付いたします。

店舗へのアクセス 営業についてのご案内

営業時間 9:40~18:40

定休日 水曜日・日曜日

住所 群馬県桐生市東町808

TEL 0277-45-2383

 

専用駐車場4台分あり

遠方でご来店が難しいお客様へ 郵送や宅配便で腕時計の修理受付できます

もっと腕時計修理を見たい方はこちら

ようやく2021年の梅雨明け? 湿気による腕時計のダメージにご用心

2021年の梅雨が明けてきたようです。ですが、油断は禁物です。

長い雨の季節のときに入りこんだ湿気が後になって腕時計を壊すことがあるためです。

 

精密機械である腕時計に水や湿気はまさに天敵。今回エルメスが動かない原因も湿気が入りこんだことによる錆びつきでした。

水が入ってすぐに対処できればまだいいのです。そのまま時間が経ってしまうと、機械の故障から今度は文字盤や針の劣化や夜光塗料の剥がれといった外見へのダメージにつながります。

 

ご心配であれば、腕時計を良い状態に保つために定期的なメンテナンスをご検討くださいませ。(株)福田時計店にて承ることができます。

オーバーホール修理や料金表など (株)福田時計店の時計修理について