群馬県桐生市で創業65年 親切と真心の店。

あきらめずに修理することで交換より7割以上安くなったと喜ばれたオメガベルト修理【OMEGAベルト中留バックル修理編】

「一式交換じゃないとダメ」と言われがちな中留バックル部分の故障、交換せずに費用を抑えて直せます

群馬県桐生市の(株)福田時計店では腕時計のブレス(ベルト)修理やってます。2019年もたくさんのOMEGA(オメガ)腕時計のベルトを直すことができました。

 

今回は、腕に着けるときに使う中留バックルの修理例をご案内。パチンと留めて固定する部分が壊れて固定できない、すぐに外れる、パーツがバラバラになってしまった症状に対応できます。

ご来店されるお客様のほかに宅配便でも修理依頼がちょくちょく届く定番の修理例です。

なぜ宅配便の依頼が多いか。それは、他で提案される修理内容に納得できないから。

お客様のお話から、他では中留バックルの故障はほぼ確実にベルト一式交換を薦めらてしまうことが分かりました。だから、修理対応している当店へたどり着くのです。

 

ピンが抜ける修理と違って、中留バックルの交換は純正パーツが手に入りにくく交換が難しいのです。そこで、当店では壊れた中留バックルを部分修理で対応することでお客様に喜んでいただいております。

気になる費用も納得価格でご案内。ベルト交換するより7割以上安くできたと感謝されたこともありました。納得いく説明なく「ベルト一式交換が必要ですー」とカンタンに言われてしまう風習に抵抗してます。

修理に楽な道など無い。しかし、「ベルト故障は交換しないとダメ」という慣わしに納得できない方々からの支持によって支えられております。

 

一番伝えたいことは、ベルト交換といわれても諦めないでほしいということです。修理すればより安価に納得いく形で直るかもしれません。お困りの方は群馬県桐生市の(株)福田時計店にご相談くださいませ。

 

おかげさまで、オメガ腕時計ベルト修理品だけで1ヶ月で10件以上も届くようにもなりました。

修理実例と一緒にこのあと詳しくご案内いたします。

 

さて、こちらのブログ記事は前回の続きとなります。前の記事を読まなくても大丈夫ですが、お時間があれば読んでいただけると幸いです。

前回の記事のおさらい オメガのベルト駒ピンの交換修理編

前回の内容を簡単にご説明いたします。

オメガ腕時計のベルトが壊れて修理をお願いしても、「交換が必要です」とすぐ言われてしまう業界の風習に反発。オメガのベルト一式交換は費用が高く、内容に納得できない人も多いはずだと考える。

そこで、まるごとベルト交換しなくても修理で何とかできるものもあるはずだと、独自で試行錯誤を始める。その1では、ベルト駒をつなぐピンが抜け落ちてしまう症状を直す例をご紹介。

まずは応急処置で対応したところ思いのほか好評。さらにオメガ専用パーツを製作している会社の協力もあって、強度を保ちつつ費用を抑える修理方法のご案内に成功。

お客様に納得していただける修理をご案内できるようになったため、2019年度になってさらに修理依頼が増えたという内容でした。

 

難易度が高くなるオメガのベルト修理 腕に着けられない故障「中留バックル」を直す

オメガの腕時計メタルバンド(金属ベルト)修理、今回は中留バックル部分の修理についてご案内いたします。

バックルとはいわゆる「留め金」。時計を腕に着ける際に使用します。時計を腕に通したあと、つなぎ目を合わせて「パチン」と、しっかり固定するのに使う部品となります。

本来であれば、プッシュボタンを押さないと緩まないよう固定できます。しかし故障してしまうと、うまく固定できなくなったり急にゆるんで外れてしまう症状が起こります。

 

写真のオメガ腕時計も中留バックルが壊れた状態で届きました。

腕から外すときに押すための部品がバラバラになっています。さらに、カバー部分まで外れてしまっております。このままでは腕に着けることができません。

通常だと「ベルト一式交換が必要です」と言われがちな状況。(故障してるバックル部分だけメーカーに交換してもらえればいいのですが……お客様のお話を聞くとなかなか難しいようです)

 

壊れている部分以外はまだまだ使えそうです。丸ごと交換するにはちょっともったいなく見えます。

お客様のご要望に応えて壊れた部分を直す。修理の基本を守りつつ、余計な出費を抑えます。

 

さて中留バックル修理ですが、前回のベルト駒ピン修理より難易度が上がります。

理由は、ピンのように簡単にパーツ交換ができないためです。さらに取付や見栄えの問題があって代用品を使うわけにもいかない。

ピンだったら代用品でもほぼ分からないけれど、オメガのロゴつき中留バックルを他で代用は無理。やっぱりオメガ純正で決めたい所でしょう。

 

要するに、壊れたら修理で対応する。真っ向勝負ですね。

 

バラバラになった部品は捨ててはいけない、無くすと追加料金がかかります

取れてしまってバラバラになった部品。壊れてるからと捨ててはいけません。

なぜなら修理するのに使うからです。

 

無くしてしまっても修理はできます。部品を新たに作ることで対応します。

ただし、その分だけ手間がかかるため時間とお金がかかります。

 

ご来店される場合は部品もお忘れなくお持ちくださいませ。

宅配便で送られる場合は入れ忘れないようご注意ください。

修理完了 修理した跡が目立たないように気をつけてます

修理前 プッシュボタンとカバーが外れて壊れた状態

腕から外すときに押すためのプッシュボタンと外側のカバーが外れた状態です。

このままでは腕に固定できません。

 

バラバラになった部品は同封されているため、修理に使えます。

なお、無くすと製作することになります。費用がかわり、場合によっては1万円以上の追加料金が発生します。

修理後 きちんと固定できてプッシュボタンを押せば正常に外せるように機能

修理後の状態。

¥15,000+税で修理完了

元の部品を使いつつ、部分修理で直りました。

修理した跡が目立たないように気を付けております。

これできちんと固定できるようになって安心して腕時計を使えます。

もちろんプッシュボタンも機能するようになっており、押せばゆるんで腕から外せるようになっております。

別のベルトに交換する方法もあることはありますが……ベルトだって大事な腕時計の一部です

ここまで純正ベルトで交換するか、元のベルトを修理する方法をご案内してまいりました。

 

実はほかの方法で何とかすることもできます。

それはまったく違うベルトへ交換することです。私どもでも実際にやった方法です。

例えば、金属のベルトから市販品の革ベルトへ交換することができます。

ベルト幅や色合いなどのバランスをしっかり考えれば、革ベルトもありといえばありです。似合うベルトをお客様と一緒に考えてご案内して、店頭ですぐに交換したこともあります。

 

そのかわりに雰囲気は以前と変わってしまう点は受け入れなければいけません。

 

腕時計のブレスレット部分(金属ベルト)だって腕時計の大事な一部。

もともとの姿のまま直したいとなれば、やはり純正ベルト交換か修理かの2択になるでしょう。

 

オメガ以外もベルト修理できます 特に海外ブランド腕時計をおすすめします

ここまでオメガ腕時計のベルト修理をご案内してまいりました。

もちろん、オメガ以外の腕時計ベルトも修理できます。

タグホイヤーやロレックス、ロンジン、ダンヒルなども修理してきました。

 

ベルト修理が効果を発揮するのは海外ブランド腕時計修理です。理由を率直に言うと「ベルト交換の代金が高いため」。修理であれば、効率的に納得いく内容でご案内しやすいのです。

 

一報、セイコーやシチズンといった国内メーカーだとベルト交換代金が良心的で融通もきくことがあります。必ずしも修理でなくてもいいことが多くあります。

 

2020年度も粘り強く修理して、お客様に喜ばれて納得いく腕時計修理を目指します

お客様に納得していただける修理が目標

2019年度、オメガ腕時計修理がとても多かった印象です。

電池交換やオーバーホールもやっておりますが、特に増えたのはやはりベルト修理でした。

修理数がグーンと増えた理由として宅配便で修理依頼が届くようになった点があります。

ブログ記事にて修理例をコツコツと載せ続けていたところお問い合わせが増えてきました。「自分の持ってる時計も同じ所が壊れた」、「送るから直して欲しい」と、遠方からも宅配便で修理依頼が届くようにまでなりました。

 

宅配便で大切にしてる腕時計を送るのって大変勇気がいります。名の知れた大企業ならまだしも、行ったことのないお店へ送るのだからなおさらです。

それでも修理依頼が入る。つまり、近所に直せるお店がない、対応してもらえない、あるいは納得できる修理内容を案内されないということでしょう。きっと悔しい想いをされたことかと思います。

群馬県桐生市の(株)福田時計店であれば、ベルト交換しか提示されない不満や、柔軟な対応をしてもらえないというモヤモヤした気持ちを解消できるかもしれません。

私どもではお客様に納得していただける修理を目標にご案内いたします。

 

 

 

修理しようか迷っている方はまずご相談ください

電池交換やオーバーホール(分解修理)だと値段や品質はともかく、結構やれる所はあるかと思います。しかし、ベルト修理となるとあまり対応してもらえないと聞きます。(一式交換と比べてリスクあるし面倒だしそんなに儲からないから!? なんてね)

 

前回の記事でもいいましたが、改めて振り返ってみてオメガのベルト修理で悩んでる人は結構多いですね。

 

魔法のようにすべてを解決できるとは言えませんが、2020年になってもできる範囲でお客様のお役に立ちたいと思っております。

 

修理しようか迷っている方はまずご相談ください。

「お問い合わせフォーラム」にて受付しております。メールにてお返事いたします。

 

宅配修理をご希望の方は必ず事前にお問い合わせくださいませ。

以前、いきなり腕時計の修理品が届いて困惑したことがあります。メモなども何もなくてどこまで修理すればいいか分かりませんでした。

結局、宅配便の発送元にかかれた電話番号があったので電話して内容を確認してようやく解決しました。本当にドキッとしたので、ご面倒かと思いますがどうぞよろしくお願いいたします。

店舗情報はこちら

宝石・メガネ・時計の販売や修理を続けて群馬県桐生市で創業60年以上の(株)福田時計店です。

 

2020年の営業について

1月4日(土)より開始いたします。

 

営業時間 9:40~18:40

定休日 水曜日・日曜日

住所 郵便番号376-0032 群馬県桐生市東町808

TEL 0277-45-2383

専用駐車場4台分あり

もっと腕時計修理例を見たい方はこちら