群馬県桐生市で創業65年 親切と真心の店。

景気の良かった時代は確かにあった、勤続記念品のオメガ腕時計の修理例ほか電池の液もれオーバーホール修理例も

オメガの機械式腕時計のオーバーホール修理例や古い電池が液漏れしてしまったクォーツ腕時計の修理例ほかご紹介

伊勢崎市にお住まいのお客様からオメガ腕時計のオーバーホール修理を承りました。シックな見た目で品のある腕時計です。

記念品となる大切なお品の修理をお任せいただけました。

写真には載せられませんが裏蓋には勤め先の刻印が。景気が良かった時代の証拠といえる腕時計なのかもしれません。

 

 

機械式腕時計は4~5年を目安にオーバーホールをおすすめしております。長年何もしないままだと湿気による錆びやゴミ詰まり、油切れや精度不良といった故障が出てきやすくなります。

オーバーホールすることで腕時計を分解して洗浄やオイル注油、精度点検および調整なども行います。

止まりやすいなど動きが悪くなったり時刻がズレやすくなった腕時計の修理ができます。

今回は定期的なメンテナンスのご依頼です。

 

群馬県桐生市の(株)福田時計店では腕時計の修理やっております。

オメガやロレックスといった海外ブランド腕時計のほか、セイコーなどの国内メーカー腕時計の修理も受付可能です。

 

今回はオメガ腕時計の修理例を中心に載せていきます。

詳しくは後ほど。

 

銀行の勤続祝い品となるオメガ腕時計をオーバーホール修理完了

銀行の勤続祝いとしていただいたというオメガ腕時計の修理依頼が入りました。

裏蓋には銀行名の刻印が見られます。

ちなみに今の記念品は腕時計ではなく別の形になったそうです。

勤め先から記念品としてオメガの機械式腕時計がもらえる。今考えれば景気がいいなあと思わされます。

 

 

さて、時計の状態を調べてみると腕時計の内部に湿気が入りこんでおりました。

手洗いのときや雨に気をつけても湿気が侵入する危険はあります。腕に着けたときの汗や夏場の湿気も腕時計にとっては脅威となります。

特に年数が経った腕時計は外装ケース劣化などの心配があります。

 

水や湿気が入ると錆びつきや機械部品劣化、針や文字盤の腐食の原因になります。

オーバーホールすることで湿気を取り除くことができます。

また、オイル注油や精度調整もして快適に使えるようにメンテナンス修理ができます。

 

不具合が見られなくても4~5年を目安にオーバーホールしていただくと安心です。

 

オメガシーマスター機械式腕時計のオーバーホール修理完了 税込み2万円台

 

オメガといっしょにTUDOR(チュードル/チューダー)のオーバーホール修理もご依頼いただけました。

いずれもオーバーホール完了しました。

大切な腕時計の修理を当店にご依頼いただき、ありがとうございました。

 

古い電池の液漏れにご用心、オメガシーマスターのレディース腕時計のオーバーホール修理完了

群馬県のお隣の栃木県足利市にお住まいのお客様からオメガクォーツ腕時計のオーバーホール修理を承りました。

 

古い電池が液漏れした跡がみられました。液漏れというのは電池が劣化して中身が漏れ出すことです。

乾くと白い粉みたいになります。これが機械や歯車に詰まったりすると故障原因となります。

電池で動く腕時計といえど、針を動かすのには歯車を使います。ゴミが詰まれば動かなくなります。

 

きちんと解決するにはオーバーホールが必要となります。蓋を外しても見えない箇所のゴミを取り除くには、時計を分解して洗浄しないと完全には取り切れないためです。

液漏れ対策に大切なことは2つ、早めの電池交換と湿気を入れないこと

オメガ シーマスーター クォーツ腕時計オーバーホール修理完了 税込み1万円台

 

腕時計の電池液漏れを防ぐ有効な方法があります。重要なポイントは2点です。

1つは古くなった電池は早めに交換することです。電池が切れたら早めに交換することで液漏れの危険を少なくできます。

もう1つは水や湿気を入れないことです。電池が濡れると錆びや劣化の原因になるためです。

 

今回は湿気が入りこんでいたのが見られました。そのために電池が液漏れしたのかもしれません。

(株)福田時計店ではオーバーホールのほかにも電池交換もできます。オメガ電池交換は¥2,200(税込)にて即日対応可能です(混雑時はお時間かかることもあります)。

 

最近のオメガ純正部品は高価ですが、部品交換修理できます

キズついた風防を新しくしたいというご要望です。自動巻きのオメガコンステレーション腕時計の風防交換依頼が入りました。

純正部品を使って交換です。

風防の真ん中に透かしでオメガのマーク「Ω」が見えます。純正の証といえるものです。

 

取引先にて運良く最後の1個を手にすることができました。

ただし、部品代はなかなか高額。こちらのプラスチック風防部品、工賃ふくめ税込み2万円台となりました。

それでもお客様にご納得していただいたので修理進行となりました。

ロレックスやオメガといった海外ブランド腕時計の価格が高騰しているためか、部品代も上がっています。

部品交換にならないよう、今あるものは大切にしたほうが良いでしょう。

 

 

 

腕時計の修理受付は店頭か、あるいは郵送や宅配便でも受付可能です。

店舗へのアクセスや営業時間のご案内

腕時計の販売や修理を続けてきて群馬県桐生市で創業60年以上。

(株)福田時計店では腕時計の電池交換やオーバーホール修理を承ります。

 

腕時計修理の受付は店頭にて受付できます。

店舗へのアクセスについて

営業時間 9:40~18:00 (時間変更中)

定休日 水曜日と日曜日

住所 群馬県桐生市東町808

TEL 0277-45-2383

専用駐車場4台分あり

 

ご来店が難しいお客様には宅配便による修理をご案内できます

腕時計修理例を連載中