群馬県桐生市で創業65年 親切と真心の店。

東京都から宅配で時計修理依頼 ロレックスの特殊なベルト調整とオーバーホール例やエルメスのベルト修理例ほか

ロレックス腕時計ベルトを短くしたいがコレ以上は無理に対応 同時にオーバーホールもできます

東京都の方から宅配便でロレックス腕時計修理のご依頼が入りました。

群馬県桐生市の(株)福田時計店では宅配による修理受付をやっております。

ベルト修理やオーバーホール(分解修理)などがご案内できます。

 

今回はベルトがゆるいので短くしたいが、取れるコマに限度があってコレ以上短くできないとのことです。

普通は「調整の限界です。諦めてください」となります。しかし、当店であれば可能です。

ベルト修理ほか、オーバーホールも同時にやらせていただきました。

 

 

後半は、エルメスとハミルトンの腕時計ベルト修理例です。金属ベルトが故障してしまったということで修理しました。

一般的にはベルト・バンド交換となりがちですが、修理で対応できれば費用を抑えて納得していただける修理をご案内できます。

 

詳しくは後ほど。

 

 

普通はベルトコマを取って短くする。しかし、調整の限界になってしまったときの対処法

腕時計のベルト調整でよくある方法がベルトコマによる調整方法です。

例えばベルトがゆるい場合、通常はネジやピンによって留まってるコマを取り除いてベルトを短くします。ベルトを短くすることで腕に着けた時にゆるいのをピッタリにすることができます。

 

ところが、対応できるのはネジやピンの抜き取りができる部分となるのが一般的。調整できる部分とできない部分が存在するベルトが多いのです。

ピンやネジが無いコマは基本的に取り除けません。結果、調整できる範囲が限られてしまうのです。

もしも他で「これ以上はベルトを短くできません」と言われたらこのパターンでしょう。

 

だけど腕に着けるにはもっと腕時計のサイズがきつくないとダメ……こんなときはどうするか。 

解決策はレーザー溶接にあります。

普段取ることができないコマをレーザー溶接によって取り除きます。そうすることで、通常よりさらにベルトを短く調整できるようになります。

 

修理跡が心配されますが、可能な限りキレイに仕上げるよう努めます。

 

 

限界をこえてベルトを調整できたロレックス オーバーホールも同時進行してリフレッシュ完了

ベルト修理調整と並行してオーバーホールを行いました。

オーバーホール + ベルトのレーザー溶接 費用は合わせて税別5万円台

 

オーバーホールとは腕時計の機械内部を分解して洗浄やオイル注油、パッキン交換などを行う、いわば総合メンテナンスです。

 

機械式腕時計は複数の部品が精密にかみ合って動作するものです。そのため、快適に使いつづけるようにするために定期的なオーバーホールが必要になります。

当店では4~5年に1回を目安に行うことをオススメしております。

長年オーバーホールされてない腕時計を無理して使い続けると、パッキン劣化などによって水や湿気が入りやすくなって機械内部を劣化させたりします。また、油切れのままだと各種部品への負担が大きくなって故障につながりやすくなります。

 

結果、部品が壊れやすくなって修理に余計な費用がかかるようになります。壊れてから修理に出すのではなく、壊れる前にメンテナンスしておいて備えておくほうがスマートです。

今回はベルト修理と一緒にご依頼していただいて良かったです。ありがとうございました。

 

ベルトだって大事なロレックス腕時計の一部分。純正ベルトを諦めたくない方はご相談くださいませ。

 

関連記事「これ以上調整できないと言われてしまったロレックスのサイズ調整例

エルメス腕時計の留め金が故障 パチンと腕に着けられない不具合を直す

上品な面持ちのエルメス腕時計。

時計部分は問題ないけれど、ベルトに故障があるということで群馬県桐生市の(株)福田時計店に持ち込まれました。

固定が甘い腕時計は怖くて着けられない 不安を解消する修理

問題点は腕に取り付けるときに固定する中留バックルにありました。

通常はパチンとしっかり留まってロックされますが、不具合によりすぐに外れてしまいます。

このままでは腕に着けても急に落っこちてしまう状態です。怖くてとても着けられませんね。

 

もしも腕から外れて地面に落ちてしまったら……時計が壊れてしまうかもしれません。

 

ベルトを丸ごと交換する手段もありますが、エルメスというブランド料金を考えると費用がどうなることやら。

そこで、レーザー溶接により固定が甘くて意図せず外れてしまう症状を直します。

エルメス腕時計 金属ブレスのレーザー溶接 税込1万円台

今回は留め金の一部が欠けて脱落してしまってました。

そこでレーザー溶接にて前の部品を利用しつつ直しております。

形も整えてしっかり固定できるように修理できました。これで安心して腕に着けていられるでしょう。

 

ハミルトン腕時計 ベルトが外れやすいお悩みを解決

ハミルトン腕時計のベルトが外れやすいということで修理させていただきました。

 

留め金が摩耗しているため、固定してもゆるみやすい状況です。

レーザー溶接で劣化した金属を復活させます。

両開きでそれぞれ片側ずつパチンと固定するタイプです。

両方ともきちんとロックされないと腕に着けてても落っこちてしまいます。

ハミルトン 腕時計ベルトレーザー溶接修理 税込1万円台

腕から外す時はベルトのプッシュボタンをおして外せます。

修理前はボタンを押さなくても外れてしまう状態でしたが、修理後は改善されてボタンを押さなければ固定が緩まないようになりました。

 

お客様のご要望通り、ベルトを一式交換せずに部分修理で直せました。

 

腕時計修理お見積り無料です。まずはご来店されるか、または「お問い合わせ」くださいませ。

 

店舗情報はこちら

群馬県桐生市で創業60年以上の(株)福田時計店です。宝石・メガネ・時計の販売や修理をやっております。

 

ロレックスなどブラント腕時計のオーバーホール、電池交換、ベルトサイズ調整や修理などをやっております。

 

営業時間 9:40~18:40

定休日 水曜日・日曜日

住所 郵便番号376-0032 群馬県桐生市東町808

TEL 0277-45-2383

 

店舗専用駐車場4台分あり

JR桐生駅より徒歩約15分

西桐生駅より徒歩約10分

 

もっと腕時計修理例を見たい方はこちら

群馬県桐生市も茹だるような暑さ到来 お盆時期の営業予定について

暑いですねー。群馬県桐生市も茹だるような暑さです。

こんな暑い中でもご来店くださるお客様がいらっしゃって、本当にありがとうございます。

 

お預かりしていた腕時計の修理品も、お盆時期前に着々とお渡しできてます。

なお、今年のお盆は定休日を除き休まず営業したいと思っております。

 

引き続き、(株)福田時計店をどうぞよろしくお願いします。