群馬県桐生市で創業65年 親切と真心の店。

ロレックスの販売はできませんが、修理であればお任せください。群馬県でオーバーホール修理やってます【ROLEX腕時計修理例】

定番のデイトジャストのオーバーホール修理例をご案内。さらに、買いたくても物がなくて買えないといわれる人気モデルの修理例もご紹介

ここ数日、「ロレックス販売されてますか?」というお問い合わせが増えてます。

群馬県桐生市の(株)福田時計店ではROLEX(ロレックス)腕時計の販売はやっておりません。しかし、ロレックス修理・オーバーホールはやっております。

 

なぜお問い合わせが増えているのか。理由が判明しました。

どうやらロレックスを買いたくても売ってるお店がない、あるいは欲しいモデルが無いとのこと。そのため、色々なお店に聞き回っていて当店にもお問い合わせが入っているようです。

 

とはいえ、探すなら都会の専門店のほうが見つかる確率は高いのに、ナゼうちに?と思うところ。ロレックスのような海外ブランド腕時計が欲しいとき、通常であれば都内の大きな専門店で探すのが有効です。

欲しいモデルが見つかるまで都内の店舗を通って回る、通称「ロレックス購入マラソン」なんてのも聞いたことがあります。

ところが、新型コロナウイルスの影響で群馬県から都内へ行くのがなかなか難しい状況になってしまいました。そこで、群馬県内でロレックス販売しているお店があるか探し回っている方が増えているようですね。

 

 

残念ながら当店ではロレックスをお売りしておりません。でも、修理であればお任せください。

(株)福田時計店はすでにお持ちのロレックスを直したり、定期メンテナンスでオーバーホールすることが可能です。定番の「デイトジャスト」オーバーホール修理例や人気の「デイトナ」修理例をご案内してまいります。

 

オーバーホールやゼンマイ部品交換で直ったロレックス デイトジャスト修理例

たとえ動作は正常に見えても、定期的なオーバーホールが必要な理由

ロレックスのデイトジャストといえば、ロレックスの定番といえる安定して人気のモデル。

今回は同時期に2本のロレックス修理ができあがりました。

それぞれオーバーホールが完了。部品が壊れて動かなかった腕時計は部品交換で直りました。

 

オーバーホールとは腕時計をひと通りメンテナンスする修理です。

腕時計を分解して洗浄や乾燥、オイル注油や精度調整などの修理を行います。ロレックスのような機械式腕時計では通常4~5年に1回を目安にオーバーホールをオススメしております。

 

長い期間メンテナンスしないまま動かし続けると腕時計にとって良くありません。

例えば、オイルが切れていると動作が重くなったり不具合が出やすくなります。部品が劣化したまま無理させてると故障箇所が広がって、修理費用も増えてしまう恐れもあります。

機械だけでなく見た目にも悪影響が出ます。例として、湿気が入り込んだままだと文字盤や針の劣化といった腕時計の顔部分にまで問題を引き起こします。

 

堅牢で頑丈な造りで評判のロレックスといえど、購入後はずっと安泰というわけにはいかないものです。

定期的にメンテナンスすること安心して快適に長く使うことができます。

オーバーホールと一緒に磁気帯び状態を解消 磁気を発する身の回りの物にご用心

ロレックス デイトジャスト オーバーホール基本料金¥25,000+税で修理完了

 

群馬県伊勢崎市からお越しのお客様からお預かりしていたロレックスデイトジャストのオーバーホール修理完了。修理完了まで約3週間。磁気抜きもできました。

 

今回の修理で気になった点が一つありました。それは磁気帯びです。

磁石、マグネットを使う製品をはじめ、携帯電話のスピーカー部分やパソコンやテレビといった家電製品からも発せられる「磁気」があります。

腕時計にとって磁気は避けるべきものです。時計を狂わせたり故障の原因になることもあるためです。

通常は磁気を発するものから遠ざければ何ともないのですが、たまに遠ざけても磁気の悪影響が腕時計に残ることがあります。ひどい磁気帯びを直すにはオーバーホール修理が必要になることもあります。

 

どうすれば磁気帯びにならずに済むか。簡単で確実な方法は「磁気からある程度距離を取る」ことです。

注意するべきポイントは磁気を発する物に密着させてしまうことです。スマートフォンの上に腕時計を置いてはいけません。

他の例として、女性の方に多いのがハンドバックの留め具に磁石を使うタイプ。腕時計をバッグにしまうときに、ついつい近づけすぎてしまうことがあります。

5センチ離すだけでも磁気の影響はかなり軽くなります。頭の片隅にでも入れて気を付けていただけると心配を減らせるのでオススメです。

 

ロレックスが止まって動かない原因で最も多い「ゼンマイ故障」 部品交換で直せます。デイトジャスト オーバーホールとゼンマイ交換修理例

ロレックスが止まって動かない、と持ち込まれる際にもっとも多く見られるのが「ゼンマイ故障」です。

ゼンマイとは機械式腕時計の動力といえる大切なパーツです。ゼンマイを巻き上げ、ほどけるパワーを針まで伝えて時計を動かします。

群馬県桐生市の方からROLEXデイトジャスト腕時計の修理依頼が入りました。

 

ゼンマイが壊れると動力源が無くなってしまうため、正常に動かなくなってしまうのです。

秒針が特徴的な動きをするため故障が分かりやすく、店頭で見てすぐに気づくことも多くあります。

 

ロレックス デイトジャスト オーバーホールと部品交換で税込3万円台で修理完了

 

店頭でゼンマイの故障に気づけていたので事前に金額や修理日数もお伝え済み。スムーズに修理ができあがりました。

文字盤で輝くダイヤモンドが美しいロレックス、元気に動き出しました。

 

ロレックスの中でも随一の人気、デイトナのオーバーホール修理完了

ロレックスの中でも「欲しくても物がなくて買えない」というお声を何度も聞く人気モデル「デイトナ」。

群馬県前橋市からお越しのお客様からデイトナのオーバーホール修理を承りました。

 

気になる症状などは特別ないということですが、ある程度年数が経ったので定期メンテナンスということでオーバーホールとなりました。

ロレックスデイトナ オーバーホール修理完了 税込5万円台

 

ひと通りメンテナンス後に防水対策のパッキン交換などをして完了。今後も安心して使えるようにしてお渡しできました。

 

 

せっかく買ったロレックス、できるだけ良い状態で腕に着けていきたい。そのお気持ちよく分かります。

さらに、大切に使い続ければ家族に遺せる腕時計にもなります。ロレックスをもらえるとなれば大喜び間違いなしでしょう。

 

買って終わりではないロレックス腕時計。

(株)福田時計店のロレックスのオーバーホール基本料金は¥25,000+税でございます。

(デイトナや金無垢素材の腕時計など、一部モデルを除く)

修理メンテナンスでお悩みなら(株)福田時計店にお任せくださいませ。

店頭か宅配便で修理受付やっております 店舗情報のご案内

群馬県桐生市で創業60年の(株)福田時計店。

ロレックスをはじめとする、腕時計修理やオーバーホール、電池交換、メタルブレス直し、革バンド交換などをやっております。

 

腕時計修理をご希望の方へ、受付方法が2通りございます。

まずは、店頭での修理受付について。

腕時計を持ってご来店していただく方法です。

店舗情報

住所:郵便番号376-0032 群馬県桐生市東町808

営業時間 9:40~18:40

定休日 水曜日・日曜日

TEL 0277-45-2383

店舗専用駐車場 4台分あり

 

JR桐生駅から徒歩約15分。

西桐生駅から徒歩約10分。

ご来店不要 宅配便で腕時計修理の受付できます

群馬県で腕時計修理やってます 腕時計の修理料金表

もっと腕時計修理例を見たい方はこちら

昨年は遠足登山の小学生と一緒に登ったけれど、今年はどうなるか

栃木県の山に行ってみたら、たまたま遠足登山中の小学生と一緒になりました。

遠くからでも元気な声が響き渡ります。一番大変そうなのは大人たちといった印象です。

引率の先生たちをはじめ、カメラマンも良い撮影位置まで先回りしたりと忙しそうでした。

 

しかし、これは昨年の話。今年はコロナウイルスや豪雨で山登りも結構難しいでしょうか。

(株)福田時計店がある群馬県桐生市では今のところ、ウイルスや豪雨の被害はあまり聞いておりません。でも油断はできませんね。

店内では引き続き感染対策をしつつ、皆様のご来店をお待ちしております。