群馬県桐生市で創業65年 親切と真心の店。

精度調整は意外とシビア、1ヶ月で5分以上進んでしまうロレックス腕時計をオーバーホール修理【ROLEX修理例】

同時期に2本のGMTマスター2、しかも両方ともオーバーホールと精度調整のご依頼 ロレックス修理例ご紹介

東京都にお住まいの方から群馬県桐生市の(株)福田時計店へロレックス腕時計の修理依頼が入りました。

精度が気になるとのこと。1ヶ月で5分以上進んでしまうということです。

オーバーホール(分解修理)で改善すれば楽ですが、さらに精度調整が必要になるかもしれません。

1ヶ月で5分以上進むというと何だかかなり重症に見えます。しかし、1日あたりで計算すれば意外と誤差は少ないものです。

1ヶ月を30日とすると、1日で許される誤差は+10秒となります。これは並みの機械式腕時計では新品でも達成が難しい値です。

例えば、セイコーで販売されている定価2~3万円台のメカニカルウォッチでは日差+45秒まで正常の範囲内となっております(カタログ参照値)。

つまり、1日45秒までの進みは正常。1ヶ月動かし続けたとして+1350秒(約22分)の進みの誤差はOKということになります。

 

とはいえ、優秀なロレックスを使うなら精度にもこだわりたいもの。まずはお預かりして状態を確認していきます。

 

今回は遠方のため宅配便で修理品が到着しました。途中経過などはメールにてご連絡させていただきました。

(株)福田時計店では店頭での受付のほかに郵送・宅配便でも修理受付をやっております。

 

ロレックス腕時計修理例をさっそくご案内してまいります。

 

時計の向きで精度が変わる「姿勢差」が大きい事が判明

精度の不具合の原因はなにか。2点気になる点がありました。

まずはテンプの振り角が小さいこと。これはオーバーホールで直りました。

簡単に言えば、オイル切れや汚れやゴミのせいで腕時計が元気に動かない状態です。分解修理によって適切な振り角に直すことで精度が安定しやすくなります。

 

次に姿勢差が大きい状態でした。

機械式腕時計は向きによって精度が変わります。文字盤が上を向くように置くか、あるいは横にするかで精度が違ってくるという具合です。

わずかであれば良いのですが、大きく変わってしまうようだといけません。

オーバーホール前は姿勢差が大きく、ざっと20秒近く誤差が出る状態でした。

 

ただ、時計内部全体に劣化が見られる状態。以前、他のお店でいろいろやった跡も見られます。もしかしたら、当店で修理してみても完全な改善は難しいかもしれないと判断。

お客様に「確実な精度改善をお求めなら正規修理がいいかもしれない」という内容のメールを送らせていただきました。

結果、ありがたいことに当店で直せる範囲で良いというお返事をいただきました。修理のお日にちもいただけたので、とことんやってみることになりました。

修理完了 日差+5秒前後まで改善に成功

充分な時間とお客様のご理解の結果、誤差を少なく仕上げできました。1日の誤差が5秒前後進む程度に落ち着きました。

これなら1ヶ月動かし続けていても5分以上進むことはないはずです。

なお、精度を安定させるにはしっかりとゼンマイを巻き上げておく必要があります。巻き上げが足らないと動作が不安定になる可能性があるためです。

オーバーホール基本料金で修理完了 ¥25,000+税

 

今回はうまくいきましたが毎回必ずできるとは残念ながら言えません。やはり、厳密な精度をお求めなら正規修理が安定です。

素晴らしい精度は確かに憧れます。それでも、機械式腕時計を使うには多少の誤差も楽しむくらいの大らかな心があると末永く付き合っていけるのでは、と考えております。

 

部品の劣化による大きな誤差が見られたGMTマスター2、オーバーホール修理で実用的に使える範囲まで改善できました

あれ、さっきと同じGMTマスター2じゃん。と思われるかもしれません。

ほぼ同じ時期にお預かりした別の腕時計です。

桐生市のお隣である、みどり市にお住まいの方から修理依頼が入りました。

 

時刻の狂いが大きくなってきたということでオーバーホール修理でお預かりしました。さらに精度改善を目指します。

振り角が小さく、汚れの影響やオイル切れ等の理由で元気をなくしていた状態でした。精度も不安定で1日20秒以上は時刻がズレてしまう状態。

オーバーホールによって直すことができました。ただ、部品の劣化が気になりました。さらなる誤差の改善をしようとすると破損の恐れがあります。

無理していじくって、かえって壊してしまってはいけない。十分に誇れる精度は出るように安定して動作するように直りました。

 

ロレックス オーバーホール基本料金で修理完了 ¥25,000+税

もう1本、同時期にお預かりしていたロレックスデイトジャスト。時刻が遅れる症状を改善

ロレックス定番モデルといえる人気のデイトジャストも修理完了。桐生市にお住まいの方から修理依頼が入りました。

時刻が遅れてしまう不具合をオーバーホールで直すことができました。

 

ROLEXデイトジャスト修理完了 オーバーホール基本料金¥25,000+税

 

時計内部に湿気が入り込んでいた跡が見られたため、オーバーホールの際に洗浄や乾燥をして機械内部の湿気を取り除きました。さらにパッキンも交換して防水対策をします。

水や湿気は機械を劣化させて故障の原因となります。堅牢で実用的なロレックスですが、年数が経つと外装や裏蓋なども水に弱くなる恐れがでてきます。過信せず注意が必要です。

 

群馬県で腕時計修理やってます、店舗情報はこちら

群馬県桐生市で創業60年以上。

宝石・メガネ・時計の(株)福田時計店です。

 

腕時計の修理やっております。

電池交換、オーバーホール、メタルブレス直し、ベルトサイズ調整、革バンド交換修理など承ります。他で購入されたものでも大歓迎。

 

ロレックス腕時計のオーバーホール基本料金は¥25,000+税です。(デイトナや金無垢など一部モデル除く)

 

 

修理受付について。

店頭まで腕時計をお持ちいただくか、あるいは郵送・宅配便で当店までお送りいただければ受付いたします。

 

郵便番号376-0032

群馬県桐生市東町808

(株)福田時計店

TEL 0277-45-2383

 

営業時間 9:40~18:40 (2020年8月15日までは午後4時までの営業です。)

定休日 水曜日・日曜日

店舗周辺地図はこちら

遠方でご来店が難しいお客様へ 宅配便で修理受付できます

もっと腕時計修理例を見たい方はこちら