群馬県桐生市で創業65年 親切と真心の店。

【ロレックス修理例】色もサイズも故障内容も違うロレックス腕時計たちが大集合 すべて直せました

止まりやすい、動かないロレックス腕時計の修理やってます。エクスプローラー2、シードゥエラー、デイトジャスト修理例ご案内

群馬県桐生市でロレックス腕時計の修理やってます。創業60年以上の(株)福田時計店です。

今回は4本のロレックス腕時計を直すことができました。修理例をご案内してまいります。

 

ひとくちにロレックスといえど、種類は様々。

今回修理した時計たちの文字盤の色も黒・白・青があります。

腕時計のサイズもそれぞれ違います。ガッチリ大型のものから小ぶりなタイプまでとラインナップの豊富さが垣間見えます。

 

たくさんのお客様が(株)福田時計店にロレックス修理依頼をしていただくおかげで、バラエティに富んだロレックス達を見ることができます。

さっそく修理例をご案内してまいります。

 

白文字盤が爽やかなロレックス。止まりやすいのが悩みのエクスプローラー2(旧モデル)をオーバーホール修理で復活

群馬県前橋市からご来店されたお客様からロレックスの修理依頼が入りました。

ロレックス エクスプローラー2白文字盤のオーバーホール(分解修理)しました。

 

止まりやすい症状があるとのこと。

調べると機械内部に湿気が入り込んで錆(サビ)が見られる状況。

さらにオイル切れも見られて部品の動作が重くなっていました。

分解修理によって錆や湿気を除去。予防のためにパッキン交換して対応します。

オイル切れもしっかりメンテナンスして動作を快適に軽やかになるよう修理完了。

 

こちらはすでに生産終了となった旧モデル。今のモデルは時計のサイズが大きくボリュームアップ。サイズ感が大きくなったため、古いモデルのほうが好みだったという声もチラホラ聞きます。

エクスプローラーⅡ 新旧モデル比較

左が旧モデル、右が新型(現行)モデルです。

並べるとまずサイズ感が違うのがよく分かります。人によっては現行モデルだと時計が大きすぎてしまうことがあります。

そのためか、お客様からお聞きした話によると以前として旧型の人気が衰えないとか。新しければ良いというわけではないのが腕時計の面白い所です。

他にも針やベゼルに書かれた数字の太さ、24時間針のデザインや色など、似ているようで結構違います。

力強くてスポーティーさがアップしてる現行型もいいですが、旧型の上品な佇まいも素晴らしい。

 

なお、私どもではロレックスの販売はやっておりません。

一方で、修理であればやっております。ご希望の方はご来店くださいませ。

宅配便による修理受付もできます。詳しくは後程ご案内

オーバーホール基本料金で修理完了 ¥25,000+税

 

ガッチリしたシードゥエラー修理完了。止まって動かないのをオーバーホールと部品交換で解決

ロレックスシードゥエラーの修理が完了しました。

邑楽郡にお住まいお客様よりロレックス修理のご依頼が(株)福田時計店に入りました。

わざわざ桐生市の当店までお越しいただき、ありがとうございました。

 

止まって動かない状態でした。原因はゼンマイ故障。ロレックスによく見られる故障の一つです。

ゼンマイ部品交換とオーバーホールにて修理ができました。

 

オーバーホールと部品交換で修理完了 税込3万円台

 

ロレックスの中でも屈指の人気のサブマリーナと似ているようですが、持って触ると違うのが分かります。

まず持ってわかる重厚感。外装ケースが分厚くてがっしりとした重みがあります。より防水性能を高めたというプロ仕様らしさが際立つ腕時計です。

シードゥエラーはこだわり派にピッタリの腕時計でしょう。過去に「サブマリーナだと人と被るからあえてシードゥエラーを選んだ」と話されたお客様を思い出します。

 

 

海で泳ぐのに使う、潜水するときに着けるという方はメーカー修理をお勧めします。

私どもでもパッキン交換などで防水対策に配慮しております。しかし、時計の表記通りまでは保証ができないためです。

 

ロレックスの基本形といえるデイトジャストのオーバーホール修理完了

ロレックスといえばデイトジャストは外せない。

群馬県太田市の方から持ち込まれたデイトジャストをオーバーホール修理しました。シックなデザインに黒色の文字盤が渋いです。

 

実は持ち込まれた時は衝撃的な姿でした。ロレックスのシンボルといえる12時方向にある王冠のマークが外れて文字盤を転がりまわる状態だったのです。

さすがに痛々しい姿だし、放っておいて針とぶつかると故障がひどくなる恐れもある。お預かり後すぐに対応します。

オーバーホール修理でお預かりしつつ、王冠を正しい位置に取り付けます。

オーバーホール基本料金で修理完了 ¥25,000+税

 

普通は外れることがない王冠マーク。なぜ外れたかは分かりませんが、何とかキレイに直せました。

幸いなことにお客様にすぐに持ってきていただいたおかげで助かりました。外れた王冠マークが針に絡まって故障が拡がるといった被害は見られませんでした。

時計としての都合はもちろん、王様の象徴なる王冠が腕時計を振るたびにあっちこっちに移動するのはマズイですからね。無事に直せてホッとしました。

 

やや小ぶりのロレックスデイトジャストをオーバーホール修理完了。止まりやすい症状を直せました

メンズに人気のロレックスですが、ちょっと小ぶりなロレックスもあります。

少し大きめの腕時計を着けたいという女性にも支持されるボーイズサイズです。ブルーの色にローマ数字のインデックスがたいへん上品です。

 

群馬県高崎市にお住まいのお客様からお預かりしたロレックスを修理できました。

修理前でも動くことは動きます。しかし、止まりやすい。さらに腕時計を振ると不穏な音がするという状況。

 

オーバーホールと部品交換で直すことができました。

 

振ると変な音がする原因はローターのがたつき。自動巻き機能に欠かせないローターをスムーズに動かすために部品交換

腕に着けているときの動きでゼンマイを巻き上げる「自動巻き」機能。腕時計の内部でグルグル回転するローターという部品が働きます。

ところが、ローターが正常に回らずに他の部品とぶつかってしまうといけません。時計を振ったときに変な音がしていたのは部品同士が接触する音として表れます。

 

ローターがうまく回らないと巻き上げ不足で止まりやすくなるだけでなく、ぶつかった時に発生する金属粉が他の部品故障の原因となります。これは直さなければなりません。

 

ローターが正常に回るようにするためにローター芯交換を行いました。

結果、スムーズに回るようになって止まりやすい症状を改善。変な音もしなくなりました。

オーバーホールと部品交換にて修理完了 税込4万円台

 

必要な修理をご案内し、お客様が希望しない内容や無駄といえる修理は避ける。

お客様にご納得していただける修理を目指して、これからも引き続き頑張ります。

 

腕時計修理お見積り無料。

ロレックスのオーバーホール基本料金は¥25,000+税でございます。

腕時計修理をご希望の方は腕時計を持って店頭までお越しくださいませ。

 

遠方でご来店が難しいお客様には宅配便による受付もやっております。

2020年3月30日現在、外出がなかなか難しい方にもぜひいかがでしょうか。

宅配による修理受付について詳しくはこちら

店舗情報はこちら

群馬県桐生市で時計修理を続けて60年以上。(株)福田時計店でございます。

宝石・メガネ・時計の販売や修理を取り扱っております。

 

ロレックスやオメガなどの海外ブランド腕時計の修理をやっております。

修理ご希望の方はお気軽にご来店くださいませ。

 

営業時間 9:40~18:40

定休日 水曜日・日曜日

住所 郵便番号376-0032 群馬県桐生市東町808

TEL 0277-45-2383

 

店舗周辺地図はこちら

店舗駐車場4台分あり

 

より詳しい店舗へのアクセスについてはこちら

店舗に行かなくても腕時計修理ができる 宅配受付について

新型ウイルスの影響で外出がしづらくなっております。

なかなか遠出をするのが怖いという方へ。宅配便による腕時計の修理受付やってます。

詳しくはこちら

もっと時計修理例を見たい方はこちら

いろいろと騒がしい世の中ですが、(株)福田時計店は元気に営業中

旅行や外出の自粛を求められたり買占めやら売り切れやらで騒がしい世の中ですが、(株)福田時計店は元気に営業しております。

こんなときでもご来店していただくお客様が多くて本当にありがたいことです。

宅配便の修理も多くいただいており、本日も千葉県の方からGUCCI腕時計の修理品が到着しました。お待ちいただいている修理品も多数あり、幸運にも忙しくさせていただいております。

 

この騒ぎ、いつまで続くのでしょうか。先がいまいち見えないのは何ともツラいところですね。

 

時計修理については今のところ大きな影響は受けておりません。ただし、眼鏡レンズメーカーはすでに受注停止や遅れがどんどん出始めてます。どうなることやら。

 

とりあえず(株)福田時計店では今できることを続けております。引き続きよろしくお願いします。