群馬県桐生市で創業65年 親切と真心の店。

ROLEX ロレックスのベルトが壊れた!部分修理は「お得」「納得」「俺得(?)」

ベルト丸ごと交換より良い点が3つある部分修理 ロレックスのメタルブレス修理例ほかタグ・ホイヤーも

群馬県桐生市でロレックスやタグホイヤーの金属ベルト修理やってます、(株)福田時計店です。

オーバーホールや電池交換のほかに、ベルトの修理のお問い合わせ・修理依頼が増えております。

 

 

ロレックスのメタルブレスが切れてしまったということでお預かり。

他では「ベルト全部交換」と言われるでしょう。

ところが、ロレックスのようなブランド腕時計となればベルトだけでも相当な金額がかかります。なかなかヒョイと気軽に交換ってのは難しい。

 

そこで、部分修理。ずばり良い点は3つ

・修理金額を抑えられる【お得】

・まだ使えるのはそのまま、必要な部分を直す【納得】

・ベルトだけ新品という違和感、部分修理なら全体の雰囲気を壊さず直せる【こだわりの俺得】

 

 

ロレックスのメタルバンド修理例やタグ・ホイヤーによく見られるベルト修理例を掲載中。

詳しくは後ほど。

部分修理が持つ最大のメリット 金額面が圧倒的に違う

ロレックスの腕時計を新品で購入となると、お求めやすいモデルでも数十万円。100万円以上と聞いても驚かない、そんな世界。

当たり前の話ですが、メタルブレス(ベルト)部分だって当然お高くなります。

 

ベルトが壊れたら丸ごと全部交換、というのは安全策であり確実ですが高額になりがちです。

お客様から「ベルト一式交換で○万円と言われたよ」というお話を聞くたびに、「さすが……」と驚いてしまいます。

とにかく金属ベルト丸ごと交換は高い。高級ブランド物なら7~8万円くらいかかることも珍しくありません。

 

一方、部分修理は丸ごと交換に比べてリーズナブル。

例えば中留バックル部分が途中で切れたこのロレックス。

レーザー溶接で¥15,000+税にて修理できます。

しっかり直るのは当たり前。修理跡は最小限で仕上がりキレイに

部分修理でまず不安に思われるのは「修理跡が汚く残ってしまうのでは」という意見でしょう。

直るのは当たり前。キレイに仕上がるのが大事です。必要な部分にだけ処置をするレーザー溶接で、そのあたりはバッチリ。

「修理に出す前より何だかピカピカになった」と言われたら理想的ですね。

また壊れたらという不安を解消する6ヶ月保証。むしろ心配すべきは今回直さなかった部分

同じ所がまたすぐに壊れたらどうしよう。不安な気持ち分かります。

そこで、当店はまず6ヶ月保証があります。

保証が短いとか言う方もいるかもしれませんが、あくまでこれは目安。

保証期間を過ぎていても、状況次第で柔軟に対応しております。

 

必要な部分だけ直すのでお客様も納得 まだまだ使える部分がもったいないという考え方

今回のように中留部分が壊れただけで、全部交換って何だか悔しいというか悲しいような。私だったらそんな気分にさせられます。

今回だって、駒部分やフラッシュフィット(外装ケースとベルトをつなぐパーツ)はまだまだ健在。

そりゃあ新品の頃よりお疲れかもしれないけど、「じゃあ全交換ね!」といわれて「ハイそうですか」と言えるかどうかは人によって違うでしょう。

私どもでは可能な限り万全な状態にしたいとお望みなら部分修理を薦めません。全体的にボロボロで一箇所直す程度では不安すぎる場合は、丸ごと交換をオススメすることもあります。

価値観や考え方、もちろんご予算も大事。迷われている方がいらっしゃればご相談ください

お待ちしております。

 

修理期間は約2週間。混み具合によってはもっと早くできたり時間を頂いたりしております。

お見積もり無料です。

 

腕時計は腕に着けてこそ役立つもの。ベルトが壊れていては役目を果たせません。

ロレックスのメタルブレス修理、他で断られたベルトサイズ調整、お任せください。

 

関連記事「ロレックスのベルトをもっと短くきつくしたい、他で断られたROLEXサイズ調整例

タグ・ホイヤーのベルト駒がバラバラになってしまうというお悩み レーザー溶接で直せます

宅配便による修理受付で届いたタグ・ホイヤーのベルト修理依頼。

ベルト駒がゆるくなり、抜けおちてバラバラになってしまうとお悩みです。

 

人気の「タグ・ホイヤーセルシリーズ」のメタルブレスによくある故障例ですね。

以前から何度も修理例を挙げており、かなり多く修理依頼が入っております。持ち主のみなさん本当にお困りのようです。

今回のお客様も当店の修理例を見て、群馬県桐生市の(株)福田時計店へお問い合わせしていただけました。

 

オモテからは分からない修理跡 駒部分のガタツキを大幅軽減

急いでいたので修理前の写真を撮り忘れ。こちらは修理完了時の写真となっております。

裏から見ると、駒の真ん中部分にレーザー溶接。本当は裏から「かしめ」て留めてます。

しかし、経年劣化で「かしめ」が効かなくなるのでレーザー溶接でガッチリ留めております。

まだ緩んでない部分にも処置。もちろん事前にお客様に確認してからです。

 

タグホイヤーベルト駒のお直し、レーザー溶接¥15,000+税にて修理可能です。すべての駒に処置をしても価格は変わりません。

 

ベルト交換しないと直らない、金額的に厳しいと諦めていた方にも喜ばれております。

他にもベルト交換を拒否した理由としてユニークなご意見もありました。

ベルトだけ新品ピカピカになってもなあという、ご意見があった

「時計を買ったお店に修理をお願いしたら丸ごと交換と言われて断った」、「断った理由はいろいろあるが、一番は時計本体が古びてるのにベルトだけピカピカの新品になってもおかしいだろう」というご意見がありました。

なるほど。時計本体の外装は細かいキズや打痕などの長年の使用感があるのに、メタルブレスだけキズひとつ無くキレイというのは確かにアンバランスと言えるかも。

 

他にも面白いことにベルトについた傷に対しても思い入れがあるという方がいらっしゃいました。

ここのキズは渓流釣り中に転んで石にぶつけたときにできた部分だ」みたいな。思い出のベルトだから簡単に交換したくないということもあるのですね。新しいのより古いほうを選びたがるとは、これぞまさに「オレ得」?

 

 

タグ・ホイヤーセルシリーズのベルト修理例について詳しくはコチラで解説しております。

 

シルバー925のベルトサイズ調整できます

非常に特徴的なデザインのシルバー925ベルト。

サイズ調整で1コマ分だけ短くする修理を承りました。

ブランド名は言わないほうが良いのでしょうかね、一応。

 

かなり難航しましたが、何とか直せました。

シルバー素材も対応できます。デザインによっては修理できないものもあります。

 

詳しくはご来店時にご説明いたします。店舗までお越しいただくのが難しい方はお問い合わせくださいませ

営業情報や店舗までのアクセスはこちら

当店と美容室マーブル様の間の道を登った先に店舗専用駐車場があります。

 

営業時間 9:40~18:40

定休日 水曜日・日曜日

住所 群馬県桐生市東町808

TEL 0277-45-2383

 

宅配便での修理受付しております。

もっと修理例が見たいかたはコチラ