群馬県桐生市で創業65年 親切と真心の店。

ベルト一式交換は確実だけど納得できるかどうか タグホイヤーの金属ベルト修理例ほかオメガベルト修理例

腕にパチンと固定できないタグホイヤーのベルト修理。お悩みだったベルト駒のゆるみも一緒に直りました

ユニークな形が評判のタグホイヤー金属ベルト。

発売から年数が経っても人気があるモデルで、長年にわたって使用し続けるファンが多い腕時計です。

 

しかし、年数が経つと出てくるのが故障。特にベルト部分は厄介。

普通のお店に修理を持ち込んでも「メーカーでベルト一式交換してください」とよく言われるそうです。まるで呪文。

 

確かに全交換なら確実。しかし、納得できるかどうかというと話は別。

一式交換は基本的に金額が高いという問題もありますが、ベルト部分あっての腕時計。

思い出があるから、そう簡単に交換したくないという気持ちは分かります。

 

また、この程度の故障で全交換しないとダメなの?、という疑問もきっとあるでしょう。

例えるなら、ちょっとケガしたけど治療すれば治りそうなのに「ハイ、君は引退。新しい人呼ぶから」と言われるような、むなしさというか寂しい感じ。

 

 

……というわけかどうかは分かりませんが、タグホイヤーのベルト修理依頼がちょくちょく入っております。

 

パチンと留めるための金具が壊れた、駒がゆるくて心配だとお悩みの方へ。

群馬県桐生市の(株)福田時計店でタグホイヤーのベルト修理できます。

 

なお、「壊れたら一式交換しかありえない」、って方はこの先読む必要はないですね。全部交換が手っ取り早くて確実な修理方法です。お買い上げ頂いたお店かメーカーにご相談くださいませ。

ピンが折れたタグホイヤーのベルトは新規のピン作成で修復 ゆるんだ駒の補強も

ピンが折れてしまい、固定がうまくいかなくなった金属ベルト。

このままではとても腕に着けていられません。

見ての通り、途中で折れてます。

他にも故障というわけではありませんが、ベルト駒のゆるみが見られます。

 

今回故障した部分、部品単体で手に入りません。違う形のピンで代替も難しい。そのため、専用の形をしたピンを作成して取り付けが必要です。

駒のゆるみでガタガタする 長年使ってきたタグホイヤー独特のベルトによく見られる症状

ガタガタと動いてズレるベルト駒(コマ)。ひどくなると外れてしまい、結果腕から落ちます。

経年劣化で固定が弱くなっていると思われます。タグホイヤー独特のベルトによくある症状です。

裏から叩いて堅く密着させる“カシメ”をやっても効果が薄い。今までは諦めてましたが、職人の工夫により効果的な修復方法が見つかりました。

 

お客様のご希望もあり、駒部分もレーザー溶接で補強することになりました。

 

修理完了 修理跡を最小限に、キレイに直すのも大事。

ピン作成&取り付け。駒のゆるみを直しました。

修理跡が目立たないように最小限にやっております。

くっつけばそれでいいっていうのは素人。キレイに仕上げるように配慮するのがポイントです。

修理前のベルトコマ状態

修理後のベルトコマ状態


裏から見ると分かりますが、レーザー溶接でガタつきが出ないよう補強してます。

コマの上と下がピッタリしてて見てて気持ちいい。外から見る限りは溶接跡などは分からないかと思います。

 

みんな気になる費用ですが、たいていは1万円半ばで可能です。

今回はピン作成があったため少し追加がありましたが、税別1万円台で修理完了しております。

 

 

全体的にあまりにも劣化がひどければ全交換が基本となります。

しかし、一部の故障だけでまだまだ使えそうな場合やご予算を考えると、部分修理という選択肢は十分アリだと思っております

 

詳しくはお預かり後にお伝えできます。なお、お見積もり無料です。

今回ご依頼はありませんでしたが、タグホイヤーの電池交換やオーバーホールも当店で可能です。気になる方はご相談くださいませ。

 

 

最後に、今まで当店にベルト修理を出されたキッカケをいくつかご紹介。

 

・ベルト一式1万円くらいかと思ってたら、その何倍もの金額を請求されたので部分修理できるお店を検索して見つけた

 

・ベルト丸ごと全部交換しか対応しないというのに納得できず、修理を探してたら(株)福田時計店にたどり着いた。

 

・当店のウェブサイトに載ってた修理例を見てたら同じ腕時計があった。直せるなら直して欲しいと思って来た。

 

他にも色々ありますが、まぁこのへんで

 

 

基本的にネットで見てお店に来てくれる方が多いです。

遠方の方から宅配で修理依頼が届くことも随分増えました。これからもお力になれるよう頑張りたいですね。

 

腕時計のベルトを外すのに使うボタンに不具合 オメガの金属ベルト修理できます

パチンと固定した腕時計ベルトを緩めて腕から外すのに使うボタンがあります。

 

しかし、バネがおかしくなったのか、固定できずに腕に着けられなくなったオメガ腕時計の修理例です。

長年メンテナンスしてなかったということで、時計本体のオーバーホールもやりました。

時計もベルト部分もリフレッシュ

オメガ シーマスター自動巻き腕時計。時計本体のオーバーホールを進めつつ、ベルトも修理。

カチッと固定できるようになり、ボタンを押せば緩めて腕から外せるように修理。

 

中留(バックル)部分の修理は、オメガのメタルベルトの中でも修理依頼が多いですね。

費用は1万円台半ば。お見積もり可能です。

OMEGAオメガのベルトが壊れてお悩みの方はご相談くださいませ。

 

 

また、純正部品の取寄せができる物もあります。

部品が入手できれば、故障箇所をそっくり取寄せて付け替える修理もご案内できます。

 

注意点は費用。

例えば今回のような中留部分の修理。金額は少なくとも倍はかかります。しかし、バックル部分全体の劣化がひどければ検討の余地はあります。

 

なお、一式交換だと費用はさらに倍以上かかります。もしも「お金はいくらかかっても構わないから、絶対安心で安心な修理をしてくれ」と言われたら、メーカー修理をご案内できます。

 

 

オメガのメタルブレスレット(ベルト)を直したい、まずは部分修理をお考えの方へ。

まずはこちらが参考になります。良かったらご覧くださいませ。

群馬県桐生市で創業60年以上 (株)福田時計店

 

営業時間 9:40~18:40

定休日 水曜・日曜

TEL 0277-45-2383

もっと時計修理例を見たい方はこちら