群馬県桐生市で創業65年 親切と真心の店。

【ロレックス腕時計修理例】腕時計にとって過酷すぎた2020年の夏、時計が錆つく原因と対策について【デイトジャスト修理例ほか】

オーバーホールで錆(サビ)取りできます、部品交換で直ったデイトジャスト、GMTマスター2、エクスプローラー2修理例

栃木県足利市からお越しのお客様からお預かりした、ROLEXロレックスデイトジャスト腕時計のオーバーホール修理ができあがりました。

オーバーホール(分解修理)や摩耗した3番車部品交換のほか、お客様のご希望でゼンマイ部品も交換して修理完了しました。

 

さて、2020年の夏を過ぎてから腕時計修理をするにあたって「ある現象」が例年より増えてます。それは時計内部に錆(サビ)が多く見られることです。

なぜ錆ついた腕時計の持込が増えてしまったのか。それは、2020年の夏は腕時計にとって特にキツい環境だったからと思われます。原因と対策について書いていきます。

 

さらにGMTマスターやエクスプローラ2の修理例も載せていきます。詳しくは後ほど。

長い梅雨と猛暑により、腕時計にとって過酷な環境だったのが原因?

今回ご紹介している修理例とは別の腕時計、普段は見えない時計内部が錆ついた例
今回ご紹介している修理例とは別の腕時計、普段は見えない時計内部が錆ついた例

錆ついた腕時計って言われても、普通はあまりピンとこないかもしれません。そこで今回の修理例とは別の腕時計ですが、ちょうど症状がひどいものが持ち込まれたのでご紹介します。

裏蓋を開けてまず目に飛び込んでくるのが緑色や黒色に覆われた機械。水や湿気が入り込んで錆ついているのです。

時計の中をぐるぐる回転するローター部品のほか、歯車にまで錆がひろがってしまっておりました。

 

最近になって錆ついた腕時計の修理品が多いように感じます。原因については推測ですが、2020年の梅雨がかなり長引いたことがあるかもしれません。

時計が雨に晒されるのはもちろんですが、湿度の高い部屋に腕時計を置きっぱなしにするのも悪影響があります。

コレクターの中には湿気やカビから腕時計を守るために専用の防湿庫に保管している方もいることでしょう。

湿度を一定に保てる防湿庫はカメラ好きにはお馴染みのアイテム。通常はカメラやレンズのカビ対策になりますが、大切にしたい腕時計の保管にも役に立ちます。

 

さらにその後に猛暑も影響があるでしょう。基本的に腕時計は素肌に着けるものです。そこで汗を多くかくと腕時計のすぐ近くに水分がある状態となります。

防水機能があれば通常は防御できるのですが、長らくメンテナンスしてないパッキンが劣化していたり、うっかりねじ込みリューズをロックせずに使っていたりすると水に対して弱くなります。

厄介なのが気密性の高い腕時計は一度水分が入り込むとなかなか抜けないことです。そして、水分や湿気が入り込んだまま時間が経つと錆や部品劣化の原因となります。

 

以上のように、2020年の夏は腕時計によって厳しい環境だったと言えるでしょう。

気を付けたいのが、錆による不具合や故障は後から出てくるものだということです。

ご心配であればオーバーホールがおすすめです。部品を分解洗浄してしっかりと乾燥させてメンテナンスできます。

湿気とオイル切れにより摩耗したと思われる部品、交換して直りました

腕時計の部品は小さいもの。オイル切れで動作が重くなっていたり湿気が入り込んでスムーズに動かなくなると破損しやすくなります。摩耗がひどいため交換となりました。

湿気が入り込むのを防ぐためにゴムパッキンも交換しております。

加えて、より万全な状態にしたいというお客様のご希望でゼンマイ交換もさせていただきました。

 

オーバーホールと複数の部品交換で税込5万円台

 

 

腕時計を長く快適に使うためには定期的なオーバーホールが欠かせません。洗浄やオイル注油、消耗部品の交換などで時計の機械に負荷をかけないよう対策することができます。

 

ロレックスは質が高く耐久性のある腕時計なので、ある程度は頑張って動いてくれます。しかし、さすがにノーメンテでは限界がやってきます。

ボロボロになるまで使い込んで、いざ動かなくなってから修理となると部品交換がたくさん必要となって費用もかかってしまいます。

壊れてなくても4~5年に1回を目安にオーバーホールをご検討されると良いでしょう。

 

東京都の方からロレックスGMTマスター修理依頼が入りました、オーバーホールと竜頭交換、さらにベルト修理も

東京都の方からロレックスGMTマスターの修理依頼が入りました。

オーバーホールのほか、ねじ込みロックが効かない不具合や破損寸前だったメタルブレス修理もやらせていただきました。

修理前 ベルトだってメンテナンスが必要、切れてしまった金属ベルトは直せます

修理前の金属ベルトの状態です。

3つ折りの中留バックルのつなぎ目が切れて片方外れてしまってます。もう片方もヒビが入っていてまさに破損寸前。

オーバーホールと同時にベルト修理も行いました。

 

修理後 修理跡は最小限にしつつ、しっかりとつなぎ目を補強修理

オーバーホールと一緒に承ったベルト修理。

切れていた部分も切れそうだった部分もレーザー溶接でしっかりと修理完了。

 

よくみると若干の修理跡が見られるものの、腕に着ければ折りたたまれて外からは分からない箇所です。とはいえ、できるだけ跡が目立たないように気を付けております。

ねじ込みできるように復活したロレックスのリューズ

オーバーホールと部品交換とベルト修理 税込7万円台で修理完了

 

ねじ込みできないのが悩みだったロレックスの竜頭(リューズ)部品。純正リューズに交換して直っております。

 

以前からそうですが、純正リューズ部品の値上がりに驚かされます。修理仲間から聞いた話だと手に入るならまだよくて、モデルによっては入手不可となっているものもあるとか。

ぜひとも長持ちさせてあげたいリューズ。壊れるのを防ぐためのポイントについてご紹介します。

 

・強い力で引っ張らない (破損の原因)

・ねじ込んでロックさせるのに強く締めすぎない (ネジ山をつぶさないために)

・ロック解除したまま使わない (使い終わったら忘れずにねじ込みロック)

・錆つかないように定期的なオーバーホールをする (メンテナンス大事)

 

時刻合わせに欠かせないロレックスのリューズだって高級品。大事に使っていきましょう。

 

太田市の方からお預かりしたロレックスエクスプローラ2、止まって動かない原因はゼンマイ故障

群馬県太田市の方からお預かりした、ロレックスエクスプローラ2腕時計、オーバーホール修理とゼンマイ部品交換で直りました。

 

止まって動かない状態で持ち込まれました。

お預かりのときにあらかじめゼンマイ交換の可能性が高いとお伝えしていたこともあって、スムーズに修理を進めることができました。

オーバーホールとゼンマイ交換修理完了 税込3万円台

 

 

2020年の厳しい夏を乗り切った腕時計。季節が秋に入った今、すぐには分からなかった不具合や劣化が見られることが多くなっているかもしれません。

ロレックスに限らず錆ついた腕時計が散見される今、お持ちの腕時計についてチェックしておいたほうが安全です。

 

お見積り無料

ロレックスのオーバーホール基本料金¥25,000+税

(デイトナ等、一部モデルを除く)

 

群馬県桐生市で創業60年以上の(株)福田時計店では、腕時計修理をご案内できます。

店頭での受付のほか、ご来店不要の郵送や宅配便でも修理受付もできます。

 

店舗情報について

宝石・メガネ・時計の(株)福田時計店では腕時計の修理をやっております。

電池交換やオーバーホール、ベルトサイズ調整や革バンド交換、メタルブレス修理などやっております。

 

店頭にて修理品をお持ちいただければ受付できます。

 

営業時間 9:40~18:40

定休日 水曜日・日曜日

住所 郵便番号376-0032 群馬県桐生市東町808

TEL 0277-45-2383

 

店舗周辺地図

店舗専用駐車場4台分あり。

 

ご来店不要、郵送や宅配便で腕時計の修理受付ができます

遠方でご来店が難しいお客様へ。

 

郵送や宅配便で腕時計をお持ちいただければ腕時計の修理受付できます。

詳しくはこちら

もっと腕時計修理例を見たい方はこちら

過酷な2020年の夏を乗り越えて、美しい紅葉の季節がやってきました

腕時計にとっても人間にとってもキツかった2020年夏。雨ばっかりの長い梅雨が終わったと思ったら暑い暑い夏の日々。桐生市も最高気温ランキングにずいぶんと登場しました。

加えて新型コロナウイルス対策もあって、しんどい時期でした。

 

さて、そんな過酷な暑さも終わって紅葉の季節がやってきてます。

少し前に巻機山へ行ってきました。

写真の場面は6合目あたりでしょうか、本格的なカメラに3脚つきで撮影されている方が何人もいらっしゃいました。風が強かったですが頂上付近の草紅葉も見事なものでした。

登った当時でも落葉が始まっている木が見られ、さらに頂上付近で雪が降ったとか。山ではもう紅葉は終わっているかもしれませんね

 

群馬県桐生市では、わたらせ渓谷鉄道沿いが紅葉の有名スポットです。沿線沿いがそろそろ色づいてくる頃でしょう。

 

 

お出かけするなら腕時計もぜひ連れて行ってあげたいものです。最近調子がよくない、気になる症状があるという場合はお早めに修理をご検討くださいませ。