群馬県桐生市で創業65年 親切と真心の店。

8月の時計修理状況ご紹介その3【ROLEX】

私どもで修理できる時計とメーカー修理が必要な時計


(株)福田時計店は、群馬県桐生市で時計の修理をしております。


たいていの時計は自分たちで修理しているのですが、

販売元の時計メーカーへの修理依頼が必要なケースもあります。


もちろん、メーカー修理に切り替わる際は事前にお客様へ連絡しております。

修理内容や金額、修理にかかる日数に関わる事なので、とても大切です。


もう9月に入って一週間経ちますが……。


8月に修理した腕時計のご紹介、その3です。

 

【前回の記事はコチラ】

BURBERRY(バーバリー)時計修理。電池交換してもすぐに止まってしまう症状が

電池がすぐに終わってしまう原因は、内装部品の汚れやサビにありました。
電池がすぐに終わってしまう原因は、内装部品の汚れやサビにありました。

バーバリーのクォーツ時計のオーバーホールをしました。

 

電池交換したのにも関わらず、数か月で止まってしまった腕時計。

 

オーバーホールによって機械内部の汚れやサビを取り除きました。

これで大丈夫でしょう。

 

 

電池交換の時期がいつもより早い原因

新しい電池に原因があるのかと思われるかもしれませんが、

内装部品のサビや汚れが原因となっていることが多くあります。

 

機械の中に汚れがたまると、動作に余計な負担をかけます。

その結果、消費電流が多くなってしまい電池を早く消耗させてしまいます。

 

また、歯車などの油切れによって負担がかかっていることもあります。

 

 

電池交換したのに時計がすぐ止ってしまうときは、オーバーホールが必要です。

 

自動巻きや手巻きのような機械式時計だけでなく、

電池式のクォーツ時計も定期的にオーバーホールをおすすめします。

 

時計修理お見積り無料。群馬県桐生市の(株)福田時計店までお気軽にどうぞ。

部品の故障であれば機械交換という手もあります

「WENGER(ウェンガー)」。内部機械の不具合によりムーブメント交換
スイス製の機械を使ったミリタリー系の腕時計「WENGER(ウェンガー)」。内部機械の不具合によりムーブメント交換しました。


スイス製の機械を使っている腕時計「WENGER(ウェンガー)の修理をしました。


電池交換しても正しく動かず調べたところ、機械に不具合が。


機械交換で新しい物の方が安心という点、

同じ機械(スイス製ETA社のムーブメント)が比較的安めに手に入る点、

以上を踏まえ、機械交換修理をご提案させていただきました。


お客様のご了解もいただいて修理完了。これからも長く使えるかと思います。


日本ロレックスによる修理をオススメした腕時計

私どもで純正部品が手に入らないため、日本ロレックスへ修理取次させていただいたROLEX腕時計。
私どもで純正部品が手に入らないため、日本ロレックスへ修理取次させていただいたROLEX腕時計。


群馬県桐生市の(株)福田時計店では、ロレックスのオーバーホール修理をやっております。

オーバーホールやゼンマイ交換など、

修理や純正部品交換修理ができます。


気になる修理料金も、できるだけお客様に納得していただけるものをご提示しております。



しかし、まれに純正部品が入手できないために日本ロレックスによる修理をオススメすることがあります。



また、数年前なら手に入った部品が、今は手に入りにくい事が増えてきました。


入手できたとしても値段がとても高くなっていて、調べて驚くことも。

部品交換がたくさん必要だと、メーカー修理の方が料金的にもいいかもしれないと思えるケースも出てきています。

(1個1個の部品代はメーカー修理のほうが安いので)



もちろん、メーカー修理への取次は、お客様に確認を取ってから進めております。

詳しくは店頭にてご説明させていただきます。



いまロレックスをお持ちの方は、ぜひ大切に使ってくださいね。

定期的なオーバーホールも大事です。油切れのまま使い続けると部品を劣化させてしまうことがあります。


ロレックスのオーバーホール修理はぜひ、桐生の(株)福田時計店へご相談くださいませ。



「ブログ」ページへ




トップページへ戻る