群馬県桐生市で創業65年 親切と真心の店。

CORUM「コルム」クォーツ腕時計のオーバーホール修理例

「コルム アドミラルズカップ」基本料金で分解修理完了

・コルム クォーツ腕時計のオーバーホール修理完了

鍵をトレードマークとしている、CORUM(コルム)のAdmiral's Cup(アドミラルズ カップ)を修理しました。

電池で動くクォーツ時計でもオーバーホールは必要です。

 

お見積り無料

群馬県桐生市で創業60年以上、時計修理店の(株)福田時計店にお任せください。

 

基本料金の範囲内で修理完了

部品をばらして分解掃除。

古い電池が液漏れしていましたが、洗浄によってキレイになりました。

故障の原因となる液漏れは要注意です。

止まったまま放置せず、気づいたら早めに電池交換を依頼しましょう。

 

また、定期的にオーバーホールをすると時計を長持ちさせることができます。

いい時計だからこそ、メンテナンスは欠かせません。

 

コルム以外も修理できます。

クォーツのほか、手巻き・自動巻きといった機械式腕時計も修理可能です。

ご相談ください。

 

ロレックス、オメガ、ロンジンなどのスイス製腕時計のオーバーホールができるお店をお探しなら、

群馬県桐生市の(株)福田時計店までどうぞ。

 

 

 

今回は基本料金の範囲内で修理が完了。

 

 

コルム クォーツ オーバーホール基本料金

 税別¥18,500


TIMEX(タイメックス)の修理できました

話はガラっと変わってアメリカの時計。TIMEX(タイメックス)の修理例をご紹介。

 

カレンダーの曜日が変更できない不具合でお預かり。

さらに長針と短針もズレてしまっている状態。

 

残念ながら、部品入手ができないために曜日の不具合は直せず。

電池交換と針の修理をさせていただきました。

 

海外モデルのようで、メーカー修理でもこの型番のTIMEXは引受してもらえませんでした。

海外旅行にいくと目新しい腕時計についつい手が伸びますが、意外な落とし穴があります。

時計を買う前から修理を考えるのはちょっと複雑ですが……。参考になれば嬉しいです。

私どもで承った時計修理例、いろいろ載せてます

もっと見たい方はコチラへどうぞ
もっと見たい方はコチラへどうぞ