群馬県桐生市で創業65年 親切と真心の店。

【ロレックス修理例】 「まだ動く」という油断は禁物 安心して使えるように分解修理

オーバーホール+部品交換 パーツ交換しなくても動くけど、後の事を考えると交換したほうが良い修理例

群馬県桐生市のお客様から、ロレックスGMTマスターのオーバーホール(分解修理)を承りました。

止まりやすい症状があるということで、オーバーホールをご案内。

その後、ローター芯に劣化が見られたので部品交換となりました。

 

部品交換しなくても一応は動く状態。しかし、それでも交換がベターです。

理由は、摩耗によるガタつきや他部品との接触によって故障の原因となるから。

 

ところで、お客様にお見積り結果をお伝えするときって結構気を使います。

キーンと冷たく「○○(聞いても理解できない専門用語)の部品交換が必要です」では納得してもらえないでしょう。

やっぱり「ワケがあって交換をオススメしてます」「料金に追加が出ますが、こういう良い点があります」といった事が伝わるように私どもでは注意をしております。

一番効果的なのは「交換しないと時計が動かない」というシンプルかつパワーのある言葉でしょうか。

 

ともかく、今回はご理解あるお客様のおかげで「まだ動くけど、劣化した部品の交換」にょってメンテナンスされたロレックス時計修理例のご紹介です。

おおまかな料金なども書いていきますね。

 

他にも、セイコー純正メタルベルト探しについてや、カシオGショックのベルト修理例についても書いていきます。

止まりやすい原因を解消するため汚れの洗浄。さらに今後のために部品交換修理

止まりやすい原因はまず、時計内部の汚れが原因でした。

オーバーホールによって洗浄。油切れの症状も直します。

 

さらに今回はローター芯に劣化が見られました。

交換しなくても動くことは動きます。しかし、ガタつきの発生や他部品との接触で金属粉が出たりすると良くありません。

 

お客様にご了承をいただき、交換修理完了。

パッキンも交換して防水対策。

それでも、リューズが少し劣化してきているので水には注意が必要ですね。

 

なお、リューズ交換は部品代の高騰により現在難しくなっております。ロレックスをお持ちの方はぜひ大切にご使用くださいませ。

オーバーホール+部品交換代で税込¥3万円台でできました。

 

お見積もり無料

 

ロレックス オーバーホール基本料金¥25,000 + 税

修理できあがりまで通常3週間前後で可能です。

理内容によってはお時間をいただくことがあります。

もともと革バンドのセイコーアルピニストを純正ステンレスベルトへ交換

京都府の方からご注文があった、セイコーアルピニスト腕時計。

定価の3割引ちょい + セイコー純正ステンレスベルトのご注文を承りました。

 

メーカーで純正ベルトの案内があるのですが、金属ベルトが品切れでだいぶ待たされました。

長い間待って頂いたお客様、ありがとうございました。

 

もともとはブラウンのカーフ革バンド。こちらも重厚感を感じさせてかっこいい。

ただ、ステンレスブレスの出来は正直かなりイイ。金属ベルトだけで1万円くらいはしますがスタイリッシュだし、登山に使うにもステンレスのほうが使いやすいでしょう。

私どもでも何本も注文が入る人気の腕時計です。

セイコープレサージュ革バンドモデルに合う セイコー純正メタルベルトとは

最近、「セイコープレサージュの革バンドモデルに合うメタルベルトは何ですか?」というお問い合わせを受けます。

以前メーカーに聞いたら「合うベルトはない」って答えがきました。

適応する純正ベルトは無いのでしょうか。実は金属ベルトモデルの物が流用できるんですよね。

 

参考:【SEIKO純正】腕時計の革バンドをメタルバンドに交換

セイコープレサージュSARX019の革ベルトを純正ステンレス製メタルブレスへ交換

 

ただ、他モデルだと確実に取り付けられるかどうかが微妙なので、ネット上だけだと答えにくいですね……。

気になってる方はご来店くださいませ。

セイコー腕時計の注文から部品の手配、取付作業やサイズ調整まで責任もってご対応いたします。

ちょっとしたことだけど、腕時計としては致命的 ベルト修理できます

Gショックのベルト修理例です。

 

ピンが抜け落ちてしまってます。

一見すると、ちょっとした修理ですが腕時計として機能しなくなる点は致命的。

ピンが無くなってしまったら付ければいい。しかし、何でもいいわけじゃない。

 

修理用に用意しているピン(1.00mm)だとちょっと細すぎて頼りない。

そこで、1.20mm径のピンを使うことで応急処置完了。

この機会に長さ別に多数のピンをご用意したので、これからもGショックのメタルベルト修理に

役立てると思います。

もちろん、当店からカシオへ修理に出すことも可能です。

 

腕時計のベルト修理でお悩みの方はご相談くださいませ。